カピパラさん

3月1日

さっき 志村動物園で 見ました 
長女は知ってました
絵本の主人公の動物さん なのですね
可愛いです。。
って。。
次女と私は 今 志村動物園を 見てますが
長女は パパの部屋で
チュート司会の 怪奇現象の映像のを 見てます。。
まじ 信じられないです。。
たった一人で 霊番組 見てるんですよ。。
まあ 隣りに お雛様が 飾ってあるから。。
って そっちの方が 余計怖いような。。
基本的に 霊って 信じてないからさ。。
が 長女の口癖ですが。。
次女と私で 
ありえね~~と 
長女の神経を 尊敬してます。。
まあ パパの部屋だから いっか。。あはは。。
リビングのテレビで そういうの見てしまうと 
悪いのが 寄ってきて 私と次女 気分が悪くなるんですよ~。(ジコチュー)

体も黒いが腹の中も黒い?ルル君。。

2月25日

またまたやってしまいました。。
私は朝6時半に起きて 1階のリビングに降りてきます
で 私が階段を降りる音で 
玄関に置いてあるケージの中にいるルル君は
ママだ!と 気づき
えさ~ えさ~
と ケージの中を くるくる どかんどかん トイレにぶつかりながら 走ります
えさの催促です。。
はいはい
今 あげましゅからね。
おはよう~。また会えて 嬉しいよぉ~。
今日も1日 楽しもうね~
えさをえさ皿に入れようとしてるのに ルル君は待ちきれずに
えさを握った私の手に 自分の頭をぐいぐい押し付けてきます。。
両者ぶつかりあいになって。。 とてもあほな事に
えさ皿に えさを 中々いれられません。。
ルル
ちょっと頭どかしてよー!
えさ 入れられないでしょー!!
ままー
早く
えさ入れてよー!! (ぐいぐい)
どうして 入れてくれないの~?
だから あんたの頭がじゃまで
えさ 入れられないっちゅーの!!
気づきなさい~~^^!!
ルル君の 頭ぐいぐいは ほんとにすごい力です。。
で 無事にえさを入れて ルル君は朝食タイム
私は むふふの パソコンタイムです
次女の朝飯の用意をざっとして
7時5分くらいまで パソコンを楽しみます
次女は6時45分頃 起きてきます
で 今朝。。
リビングのドアを開けた 次女は。。
まま。。。
また ルル 廊下に出てたよ。。
目が合っちゃった。。
フリーズしてたから つかまえたけど。。
うおー!!
えさの後 ケージの扉のロック ちゃんとしなかったんだ~~~!
1階に降りてきた次女が 何気に廊下を見たら
奥の部屋から出てきた黒い物体と 目があったそうなのです。。
黒い物体は
やっべ。。
見つかっちまった。。
んだよ~
これから 遊ぼうと思ったのによ~。。
いーとこ 邪魔されたよなあ~
チッ。。
と つぶやいて動きを止め 次女をじーっと見つめたそうです。。
ルル君。。
またまた 奥のパパの寝てる部屋へ 忍び込んだらしいです。。
きっと 1年ぶりのお雛様を見て ルル君 びっくりしたろうな。。
お雛様の飾ってある部屋の隣りが パパの寝てる部屋です
パパも 襖を閉めて寝ればいいのに あけて寝るから
ルル君が 廊下からひょいって 入っちゃうんですよね。。
想像すると おかしいです。。
パパの寝てるベッドに 飛び乗るのでしょうか。。
それとも 
わーい 普段入れない部屋だ~ きゃっほ~~!
と 部屋の中を 走り回っているのでしょうか。。
それにしても
脱走が発覚してびくっと怯えて固まってるルル君と 次女が
2メートル離れて にらみ合う図って。。
想像すると とても笑えます。。
昨日の 腹黒い 娘達の会話
私と子ども等で アピタへ行って 疲れて 夕方帰ってきました
長女 家に入ったらさ 泥棒がコタツでテレビ見てたらどうする?
次女 てめー。。 ぁにしてんだーこらーと 脅す
    人んちで のんびりくつろいでんじゃねーよ。。
長女 ざけんじゃねー 有り金 全部置いてけーと 脅す
次女 夕飯も作っていけよな 
    ハンバーグとポテトサラダ な!
長女  手作りでなっ て
     材料は買ってあるから ここだって。。
次女  ついでに家中 掃除しろよな。。
     あ  うちの部屋も 特に掃除していけよな
長女  おまえのあの部屋?それは 気の毒だろう。。
次女  完璧なまでに きれいにしろよな と脅す
     人んちに忍び込んだって ばらされたくなかったら 言うことを聞け
長女 うわー それはもう二度と 泥棒なんてしないだろうなあ。。
    勘弁して下さい って 泣くね。。
   
なんか。。この2人 黒。。
ほんとに 私の産んだ子?
ルル君の毛の色より 黒いかも。。

困ったちゃんのうさぎのルル君

2月22日

夫の妹の手術も 無事終わりまして 両親も日帰りで帰ってきました
ご心配していただきまして ありがとうございました~
さすが 名医です~。
近頃のうさぎの ルル君ですが。。
どうやら ドメバ がすっかり気にいったようで。。
それに 最近 よく食べること 食べること
夜 家の中を 走り回っているから おなかがすくんでしょうか。。
それとも 冬眠から覚めたとか。。
春だから?オスだし。。。
ケージの中の ルル君にえさをあげるのですが
食べ終えても まだ足りない場合。。
まず 段階1 
ケージを噛んで がしがし音をたてます
段階2
忙しくて えさをやれないでいると さらに大きい音をたてます
段階3
で やっぱりえさをやれないと 今度はトイレをひっくりかえします。。
ガターン!!
って すごい音がします。。
段階4
で どうしてもえさをやれないと 今度は 水の入ったケージにくっついてるボトルを
針金から外して 落としてしまいます
ドスって 音がして ボトルが ケージの外に転がって落ちます。。
もう それは リビングに響くかなりの音です。。。
ほんと 口が器用だ~って 感心してしまいます
ていうか。。
なんで そんな家庭内暴力を覚えたの~~???
お母さん そんな子に育てた覚えはなくってよ~~!!
1度 ルルが ボトルを落とした時
はいはい、えさでしゅか?
って 甘い顔をしたのが 悪かったのかな。。
学習したのかも。。
で それを実行する時は 私または次女がリビングにいるときです。。
長女やパパが リビングにいても その一連の行動はやりません
私が 仕事から帰った時も ボトルが床に落ちてたことはありません。。
ってことは ルル君は
私と次女に えさ~~ えさ~~ と
ねだっているってことでしょうか。。。
ちゃんと わかってやってるのかも知れませんね。。
ママと 僕の飼い主の末っ子~
茶の間にいるんだろー!
腹が減って 死にそう~~。。吐く~~。
えさをくれなきゃ ぐれてやるぞ~
ドメバ攻撃をくらえ~~!
(次女の台詞だ。。)
ケージを噛んでるルル君 ほんと怖いです
立ち上がって 歯をむき出しにして ガシガシ。。。
ゴジラ みたいです。。
今は静かだ。。
って ほっとしてる自分が なんか情けないです。。
いつドメバが始まるんだろうって ビクビクしてます。。 

近頃のうさぎのルル君

2月6日

ルル君は元気です
一応ライオンラビット ぽいので(ハーフ?) 顔の周りに
ぼーぼーと毛が生えてきて とさかの毛は かっこよく立ってます!
夏より もこもこ毛が多くて 抱っこしてると 温かいです
昨日と今朝 ケージの扉 で 笑わせてもらいました
昨日 夕方 いつものように 部屋の中を放し飼いにしようとして
扉を開けたのですが。。。
私が玄関の片付けをしながら ふと ルル君を見たら
ルル君はまだ ケージの中にいました
しかも 扉に向かって 一生懸命 頭突きをしてるのです
。。。。
??
ルル~ どうしたの?
よく見てみたら 私が昼間置いておいた ブーツが
扉の丁度前にありまして。。
扉が開いても そのブーツにぶつかって (ブーツにぶつかる。。お~~!)
また閉まってしまうのでした。。
で ルル君は
あれ?開いた扉がまた閉まる。。
おかしいなあ。。。
えい 頭突き。。。
と 何度も繰り返していたらしいのです
あははは。。
ごめんごめん ルル~
扉が閉まっちゃうんだ~~~
ブーツどかすね~~~
と 謝ってブーツをどかしました
ルル君は やれやれ~~と ぴょんと ケージから出てきました~。
何度も内側から 閉まる扉に向かって
頭突きを繰り替えしていた ルル君 
可愛かったです~。
そして 今朝 
6時半頃 ケージの中にいたルル君にえさをあげて 扉をしめました
で 私はリビングでパソコンをしてたのですが 
どうもルル君のケージから かたかた音がしてました
まあ 気にもしないでいましたら
45分に 2階からリビングに降りて来た 次女が
ひきつった顔で
まま。。。
ルルが 小屋から出てるよ。。。
と 言いました。。
え。。
そんな馬鹿な~~~。。
だって ほら 今
パパの寝てる部屋に入ろうとしてるよ~~~
次女の顔は 妖怪を見たような 青ざめた顔でした
私も慌てて 廊下へ出てみたら
まさしく 奥の部屋の入り口に
黒い物体の形が。。。。
両者 静止したまま しばらくにらみ合いましたが。。
その形は まだ暗い部屋の中に 無言で入っていきました
次女が勇気を出して部屋に押し入り その形を ぶにっと捕まえました。。。
ルル~ 
脱走したの~~??
ママ 鍵を きちんとかけなかったんだね~~
ごめんね~~。。
半分寝ぼけ眼の次女は 1階に降りてきて 
何気に ぱぱの寝てる部屋を見たんだそうです
そして 何か黒いものが居る、と 見つけて どきどきしたんだそうです。。
暗闇の奥の部屋に 浮かぶ あのシルエットは。。
黒くてわかんないけど・・
もしかして ルルの形???
ぎえ~~~!!!
 
びっくりしたそうです。。
恐怖を感じたと言ってました。。。
いるはずのない うさぎがいる。。。
。。。は。。。え。。。。あれ。。。
え~~~ ルル~~~???
なんで~~~???
目を疑ったそうです
一気に目が覚めたみたいです。。
部屋にルルが入ったのがばれたら
ぱぱにうるさく言われるから 早めに気づいてよかったです~。
ルルは 朝から ほんの少し 冒険を楽しめたようで
今 なんかご機嫌デス。。。
これから いつものように 爆睡 するんでしょうね。。 

ドメバ

1月11日

昨日の夜 ばたばたしていたので
うっかり うさぎのルル君を放し飼いにするのを
忘れてしまいました
彼も よっぽど外に出たかったのか
ケージの枠を 噛んで がしがし揺らして音をだしていました
そして そのまま 今朝
おはよーって 起きて ルル君にえさをあげようとしたら
なんと!
トイレがひっくりかえって 重い陶器のえさばこが逆さに。。
うつぶせになってました。。
~~~!!!!
えさばこをひっくり返したなんて ほんとに初めてっていうか。。
あんな重いものを。。口で??
よっぽど 機嫌が悪かったんだな~
と えさを入れてあげました
えさを上げる時 私は手の中にえさをぎゅっとつかんでいるので
手はげんこつ状態です
で ルル君は待ちきれずに 
ごはん!ごはん!
早く!早く!
と 私のげんこつに顔をつけてきます
それがあまりのスピードなので
私が ルル君の顔に 顔面パンチ!
となってしまいました。。
あ。。ごめん。。。
痛みを感じないのか 平面的な顔なので 大丈夫なのか
ルル君は 一瞬ひるみましたが 嬉しそうに朝食を食べ始めました。。
ルルが 家庭内暴力。。
トイレとえさ箱をひっくり返すなんて~。。。
お母さん 悲しい!
DV。。ドメスティッ苦 バイオレンス・・・。
ドメバ。。。 ドメバってる。。。
あ。。私の顔面パンチは 不可抗力です。。
暴力では ないです。。
次女が 昨日体育の時間 テニスをしていたら
審判の椅子の下に座っていた 友達が
いきなり モーむすの 歌を 振り付けつきで
歌い始めたそうです。。
みんなして はあ~~~?? と 唖然。。。
本人曰く 
愛に飢えてる。。
だそうです。。
ぶはははh~!!!
愛に飢えると 家庭内暴力は 起こるそうですが。。。
今年のカレンダー テニスの王子様になりました
年末 カレンダーを何にしようか悩んで 忙しくて買えなくって
先日ふと そうだ ブリーチにしよう~と 思って買いにいったら
ブリーチは 売り切れでした。。
銀魂も すでになく。。。
で たった一本残っていた テニプリ。。
これだーー!
と 買ってきました。。
城西湘南の 梶本くんが載っていなかったので ちょっと残念。。
でも いいや~ みんな可愛いから ☆

庭いじり

10月15日
昨日 次女の誕生日 15歳。。若い。。
やっと 庭の草むしりとかができました
家の中にいると 次女の声が響いて響いて。。
次女 やっぱり誕プレ エグザイルのCDでなくって DVDがいい。
私  無理。高い。
   じゃあ ライブのグッズの タオル。
   いくら?
   2000円
 
  ふーん まあそれならいっか・・。
  やったー!!ネットで申し込もうっと♪
  あー売り切れー!ちきしょー!
   また再入荷するんじゃないのー?
   期間限定品なんだよー!!
   あーもうー!うるさいー!誕プレは 保留ー!
   大体ね 誕生日は 生んでくれたお母さんありがとうって 母親に感謝する日だよ!
   はあ~
   生まれてきてくれてありがとうって こどもが感謝される日だよー!
   何言っちゃってんの~~??
こういう不毛な会話がえんえんと繰り返されるので
私は庭へ逃げ出したのです。。
まず 朝顔が咲いてるのにびっくりしました。
しかも 去年の種が落ちたとこ うちの門の道路側の砂利のとこなのです
芽が この間出ていたのに気付きましたが
(季節的に遅いですよね しかもやや寒い栃木で)
多分枯れちゃうだろうなあーと思ってました
そしたら あれよ あれよと あっという間に
お水もあげなかったのに 自分ひとりで 成長してしまったのです。
昨日 花が咲いたのです。。10月の朝顔。。
自然の力って。。偉大。。
あとは コンクリートの上のほんの少しの土の部分に生えてる草とか。。
たくましいなあ~って思いました。
草が邪魔だと思って抜こうとすると
実は 隣りに生えている きれいな花の茎を根でささえてあげていたりとか。。
共存だ。。。すごい。。
冬眠?してる 芋虫も 何匹かいたし。。蛾の幼虫??こわ。。
見なかったことにして また埋めてあげました。。
遅まきの花の種も植えることができました。
きれいな花が咲くといいな、と思います。
一通り 作業が終わると やっぱり
裏のアパートに住んでいらした あの80代の奥様の
あらー 奥さん
きれいになったわねー。
っていう 声無き声が 門のほうの道路から聞こえてくるので 
ほんとに 不思議です。。 

10月7日
近頃 お疲れモードなので 家に花は咲いていません
秋に咲く花も植えてないからですね~。
彼岸花が咲いていましたが そろそろ終わりという感じです。
花が咲いていると 北側のアパートにいた奥さん
80代の方を 思い出します。
独り暮らしでしたが 去年病院でお亡くなりになったと
後から知りました
近くに娘さんご夫婦がいらしてお孫さんもいました。
なんとなくですが 我が家に花があると
あらー 奥さん、きれいね。
と花を見て 嬉しそうに笑う
その方の声がよみがえってきます。
元気なときは アパートの前の部分に
お花をいっぱい植えていらっしゃいました
とても育てるのが上手な方でした。
私との最後の会話も 春
あらー 奥さんのところ お花が沢山あるのねー
きれいねー。
というものだったので
余計に 花に関しては その方との台詞を
思い出してしまうのかもしれません
きっとまだ このあたりを
お散歩されてるのだと思います。
私も元気になったら お花をたくさん植えたいです。
私がいると 
お花が すぐ枯れてしまうのです
江原さんの本に
疲れやすい人、病気の人がいる家庭は
花や緑が その人の代りに枯れてしまう、と
書いてありました。。
反省。。
少しでも 丈夫にならないといけません。。
あの奥さんの 聞こえないけど感嘆してくれてる声を励みに
がんばりたいと思います

近所のうさぎ

6月5日
すぐ近くの保育園には 大き目の飼育小屋があり
いまは うさぎ二羽 にわとり二羽が 暮らしています
ここのうさぎは なんか変です。
いつも ぬぼーとしています
寒い冬も 外で くっついて寒さに震えています
地面の上に板みたいなのがあって
穴を掘れないようになっているためかも。。
でも そしたら 中にウサギ小屋があるんだから
そこに入ればいいのに 外で寒さに震えてます
私が通ると 寒いよーと 目で訴えます。。
変なの。。
あごの下が ぼこっともりあがってる種類みたいで
おじいさんみたいと つい笑ってしまいます
この間 真っ白いウサギの方が
にわとりの 缶の大きいえさ箱の中に座ってました。。
25センチ×25センチの 深さ10センチくらいの
おせんべいの缶です
で、一羽のにわとりが そこに顔をつっこんで
えさを食べてました
うさぎが入っているので ほんの少ししか隅っこに
すきまがないのですが
そこに顔を突っ込んで 半ば意地になって
食べてるふうに見えました
うさぎが全くぼーっとして どかないので
笑ってしまいました。
にわとり きっと心の中で
邪魔だこいつ どけよー!
って思ってたんだろうな~。ぷぷっ!!
で、おととい その白うさぎ
(白うさぎというと どうしても
日本の伝説の 因幡のしろうさを思い出します。
または セーラームーン~。。)
今度は何を思ったか 前足を二本 缶の中につっこんでました
後ろ足は 缶の外です
当然 おなかが缶をまたいでいる感じなので
おなかに缶のへりがささってました。。。
おなか痛くないの?
しかも 前足だけ 缶につっこむ意味がわからない・・。
で 私がそばを通ったから 
びくびく顔が脅えているのです
そのままの格好で
あっ あの変な人間だ
いやー こないでー!
と目で訴えているのです。。
怖いならサー 逃げればいいのに!
そのうさぎは そのまぬけな格好のまま
脅えているのでした。。。
で にわとりがいないなーと思って探してみたら
鶏小屋の屋根の上で 二羽 おしくらまんじゅうをしてました。。
多分
おまえ 邪魔 あっちにいけよ
と お互いに 押しっこしてたのだと思います。。
あれは どっちかが屋根から落ちるまで
続けるんだろうな。。。
しかし どうして小屋の中に入らないで
いつも 屋根の上にいるのかが不思議。。。
やはり トリだから・・??
普段 笑いたいときは その小屋の前に散歩にいくと
必ずいつも思いっきり笑えます
あの4匹?。。4羽 。。
とってもナイスです!!
あっ 今度こっそり 写真撮ろうっと!!

野良猫ちゃん

5月28日
私が小6くらいだったでしょうか
そのとき住んでた家で 冬か春
ふと 4畳半の和室の外の縁側に 何かいると思って
見てみました
そこには なんと驚く光景が!
まず、大柄な猫が一匹 チャと白の二毛かな
縁側の上に 横になってました
で、その両側に それより小柄な猫が
二匹 猫すわりっていうのでしょうか
前足を伸ばして背中を丸めて猫で言えば
気を付け みたいな座り方。。
そのかっこうをしてました
で、その下のコンクリート地面に
なんと 3匹の猫が
同じく 猫座りをして 上の3匹を真剣な眼差しで
見てるのです!!
なななななんだーー!これは一体ーー!
噂に聞く 猫の会議かと 思いました。
夜中 猫達は公園に集まり会議をしてると
聞いたか読んだことがあったのです。。
猫にも 身分の上下があったんだーー!!
一番と ナンバー2が二匹と
下っ端が3匹。。
友達に言いましたが
嘘だー~~
と 誰も信じてくれませんでした。。
でも 確かに見ました
あれは 猫会議です
 
でも やはり アレ1度だけですね
私が見たのは。。
今の家にも縁側がありますが
そんな光景は 1度としてありませんでした。。。
次女はよく 朝の通学途中に 野良猫数匹に 囲まれて睨まれると
言ってますが。。
大学の頃、友達がアパートに住んでて
そのアパートみんなで可愛がってる
賢い野良猫がいました
チャと白の二毛でした
私も仲良くなりました
私が 2階の友達の部屋の前にくると
南の畑で遊んでるその猫が気付いて
一目散に 私めがけて走ってくるのです!
高いブロック塀をジャンプして
飛ぶように畑と空き地を突っ切ってくるのです!
実に感動の光景でしたー!
そばに来ると 足にすりすりして離れません
ほんとに 嬉しかったです。。!
最近は この辺り 縄張りが変わったようで
野良猫も見当たりません
次女が通学する道に 数匹いるだけのようです
でも あの猫会議
また見たいな~。
仁義なき猫の世界のようで 面白かったです。

雀 の思い出

4月20日
小学校の時住んでた家の二階に
ある日、なぜか 一羽の赤ちゃん雀が落ちてました
ちちちち 鳴いていたので 発見しました。
元気があるけど 飛べないみたいでした
簡単につかまえることが出来て
手の平にのるサイズの 小さい可愛い雀でした
窓が開いてたので、やっと飛んできた雀が
力尽きて ばたっと 部屋の中で休んでいたようです
私が見つけて 
ちょうどそのとき 旅行中の友達から預ってた鳥かごの中に 
その雀を入れておきました。
友達のは セキセインコだったと思います
ケンカもなく 二匹で離れて鳥かごの中に
いました。
玄関に鳥かごが置いてあり、
二匹の鳴く声が 可愛かったでした
で、次の日の朝 母が
ゲゲ!ゲゲ!
と 大騒ぎです。
何事やねん?
と起きた私は 母のいる玄関へ行って
びっくりしました。
玄関には 天井のそばに 小窓がついていたのですが
夏でしたので そこは開いてました
そしたら そこから 大人の雀が入って来て
鳥かごまで飛んできて、中の小雀にえさを
あげてるのです
母が言うには
朝 玄関の外から 雀の鳴き声が多くするので
? と 思って見たら、大人の雀が
なんとなく 家の中に入りたそうにしてたのだそうです
そこで 上の小窓を開けてみたら
その雀が 入って来て
鳥かごの中の雀にえさを あげたというのです。
大人の雀は それから 気がつけば
入って来て えさを与えてまた 出て行きました
1日中 何度もその行為を繰り返していました
ほほえましいな~と 家族して
雀の家族愛に 感動してました
多分 落ちてしまった小雀の鳴き声を聞きつけて
親が発見 えさを与えにきてたんだと思います
よく 小雀のいる場所がわかったよね~
と その能力の高さに皆で 感心しました
そんなこんなで この小雀も元気になってきたので
いつ 放してあげようかと 家族で相談していました
そしたら 3日後、
いつも朝は 親雀の鳴き声が 玄関に響いているのに
その日は しませんでした。
どうしたんだろう、と思って
鳥かごの中を見たら
小雀が ぐったりして
鳥かごの中に 倒れているのです
えーー!?どうしたの?と思いました
セキセインコと けんかした様子もありませんでした
大変!親雀が 来ない!と思って
私は あわてて 二階のベランダへ
小雀を連れていきました
多分 小雀が鳴かないから 親も来ないんだろうと思ったのです
親が来ないなら えさがなくて 余計 弱ってしまいます
で、ベランダなら 外だし 電線に止まってる親雀に見えると思って
小雀を ベランダのスリッパのかかとの部分に置いて
その場を離れました
暫く 見てましたが 親は飛んできませんでした
小雀も 寒かったのか スリッパの 指を入れる部分に
もぐってしまいました
小雀は もう 目をつむって すっかり丸まって
元気がありませんでした。
えーーん!死んじゃうよーー!
泣きましたが 泣いてもどうにも
なるものでもありませんでした。。
お昼ごはんを食べて 二階へ行きスリッパを見てみました
小雀は 冷たくなってました。
多分 親は そばの電線にいたような気がします
何も出来なかった自分が情けなくて
小雀を手の平に載せて
思いっきり 泣きました
生き返ってよー!
と 思いっきり泣きましたが やっぱり
生き返ることはありませんでした。。
夕方、庭の片隅に 埋けてやりました
多分 落ちてしまった雀は もう寿命だったのでしょう。。
後から
落ちてしまった鳥には 人間の匂いをつけないほうがいいと
聞きました。
でも、 人間の匂いをつけてしまったのに、
親雀は 来て えさを運んでくれてました。
あの 親雀も 悲しかっただろうな。。
と 今になって 思います
去年、このブログにも書いた 雀が雀を助けようとした場面を見て
この小学校の時の事を 思い出しました。
雀の死に 縁があるようです。。なので
雀を見ると なんだか悲しくなってしまうゲゲです

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ