いとこ

1月28日

昭和30年代生まれなので 普通かもしれませんが
両親共に農家育ちで 兄弟が多かったので 私にはいとこが沢山います
みんな 元気かな~。
父方 4人兄弟 男4人
○長男 (父の長兄 故人)
   長男 
   次男
○次男 (次兄 故人)
   長女
   長男
   次女
○三男 (三番目の兄)
  長女
  長男
○四男 (父)
  長女 (私)
  長男 (弟)
          男5人 女4人 計 9人
母方 7人兄弟 男2人 女5人
○長女(母の長姉)
  長女
  次女
○次女(次姉)
  長女
  長男
○長男(母のすぐ上の兄)
  長女
  長男
○三女(母 故人)
  長女(私)
  長男(弟)
○四女(母のすぐ下の妹)
  長男
  長女
○五女(母の二番目の妹)
  長男
  次男
○次男(母の弟)
  長女
  次女
       男6人 女8人 計 14人
今さらながら 数えてみて すごいなあ~
私には 19人のいとこたちがいたんだ~~。
ちなみに うちの子供たちには いとこは 1人もいません
非常に 羨ましがってます。。
はとこなら 山のようにいるのにね。。
私は 自分ちもそうだったのですが
年の近いいとこ あと 友達の家は みな 長女・長男のペアだったために
子どもって 普通 最初に女の子・次に男の子が生まれるもんなんだって
長いこと 間違って思い込んでました。。"^_^"
あはは それは 神の領域でしたね。。
毎年 1月2日は 父の実家で 兄弟が集まって新年のお祝いをしました
6畳の居間の 炭の掘りごたつに 皆で譲り合って座ったものです
父は末っ子だったので 私と弟は 一番小さい子どもってことで
結構可愛がられました。。えへへ~。お年玉~。。
毎年 1月3日は 母の実家で 兄弟姉妹その連れ合いが集まって新年のお祝いをしました
8畳の部屋二つにテーブルを並べて 飲めや・歌えや のすごい騒ぎでした
おじいちゃんの妹とかも 遊びに来て もう笑って食べてって 盛り上がりましたね~。
かなりの人数でした 40人位?・・
いとこたちも 年が近かったせいか 毎回大集合して
漫画読んだり 外で遊んだり 楽しかったですね~。
親たちは あまりの子どもの数に お年玉の額を相談していたようで
500円か 1000円って 決まっていました
おばさんおじさん 大変だったでしょうね。。感謝。。
実家のお嫁さん(おばさん)も 大変だったでしょうね。。感謝。。
今は両実家とも 祖父母も亡く
新年には簡単なあいさつの訪問だけで 済ませているようです
私も お嫁に行ってしまったので すっかりご無沙汰してます
母も死んでしまったので 代りに私が遊びにいきたいです 
現在 いとこたちは みな 実家の近くに住んでいます
本庄近辺です
会おうと思えば会えますが。。 中々ね。。
一番遠いのは 奈良へ嫁に行った 私と同じ年の母方の実家の長女かな~~
年下の従姉妹も 1人 石川県 かな お嫁に行ったと聞きました。。
あ 私も栃木にお嫁に行っちゃったから 遠い方の部類ですね
独身も 多いですね。。
女の子の親(おじさん)は 嘆いてますね。。^_^; 
まあまあ それは 神の領域ですから。。。
そういえば 母が亡くなったのが 1月3日
母は 実家の新年会を すごく楽しみにしてたからなあ~
祖父母が生きていて 私達が小学生の頃は ほんとにものすごく
盛り上がったのですよ。
また みんなが集まってくれればいいなって
1月3日を 選んだのかな。。。
3日に行った通夜には おじさんおばさん いとこたちが
大勢来てくれて 通夜後のお清めは とても盛り上がりましたよ~。
久々に みんなと会えておしゃべりに花が咲きました。。
幼い頃仲良かったいとこって 大人になっても楽しく話ができますね
母もきっと 喜んで参加していたことと思います。。

美術部 興奮

12月23日

高校の頃の思い出です
そう。。 みんな勉強のしすぎで 
漫画とかモーホーとかアニメとか
趣味の世界にひた走っていたあの女子高です
美術部が うかれてました
2年の時だったかな~。。
ねえ!聞いて 今度来週ねー、部活の時間に
本物のモデルさんが来て
裸婦 描くんだよ~!!
うお~~!すごいー!!
きゃー!!裸婦ーー!!?
いいなあ~~!!
私達は みんなで赤面しながら 大興奮しました
モデルさんが来るっていう 一週間前から
美術部の人間は ちょーご機嫌でした。。
うわー ヌードモデルさんが
この高校に来るんだー!
へえ~ 美術室で みんなの前で
裸になってポーズするんだー!
考えれば考えるほど ものすごーいことです。
私達 純情な?女子高校生たちは
興奮するばかりでした~。
漫画じゃ もっとすごい過激なものを
(花とゆめ ララ プリンセス)
平気な顔をして 読んでるくせに。。
実物が来る!!
となっては やはり かなりの刺激でした。
そして 多分 土曜日
お弁当を食べ終えた美術部メンバーは 
スケッチブックを持って
喜び勇んで 廊下を走って美術室へ消えていきました~
私等 漫研の人間は
指をくわえて いいなあ~ 描きたいなあ~と
その後姿を見送りました。。
で 月曜日 感想をききました
聞く私達は 興奮してわくわくしてるのに対して
初体験?を終えた 美術部のメンバーは。。
みんな大人に。。 クールになってました。。
う~ん。。
胸が小さくてさー ちょっと 描きにくかったな~。
え。。そうなの?描きにくいの?
うん、こうさ メリハリがあると やっぱり
絵になるっていうか。。
痩せてる人だったから ちょっとね
迫力が無いっていうか。。
描いてて なんか のらないっていうか。。
ほお~ そういうものなんだー。
ねえ、あそこの○は どうしてた?
見えるの?
毛?(ずばり)
きれいに剃って手入れしてあったよ。
うん、足を閉じてるけど もろ見え。
モデルさんって 薄く剃るんだね~。
おぉぉぉぉぉ~!!
薄く~~??(赤面 照)
どうやって 裸になるの?
準備室でさ、全部脱いで、タオルを体にかけて
あたしらの目の前の場所にきて、
そこで タオルをとってポーズをするんだよ~。
んじゃ その人を前にして 君達は
描いてるわけなんだ
そ 休憩も入れてさ
先生も いつもは来ない先生も来てくれて 描いてたよ~。
ぶぶぶっ。。
先生 H~!
(今思えば せっかくモデルさんにお金を支払うのだから
1人でも多くの人が描かないともったいないって
ことですよね。。)
最初はどきどきしてた 美術部員でしたが
だんだん シビアに もっと胸があればいいのに~
とか 思いながら 描いてたんでしょうね~。
想像できるなあ~。。くすくす。
今、我が家の南の家の方が 絵を描く方で
○○会とかに入って 賞も頂いてます
油絵が好きな方で 裸婦も モデルさんを呼んで
描いてるそうです。
本を出してるので 読ませていただきましたが
裸婦のモデルさんに関して
美術部の友達が言っていたのと同じような事が書いてありました
やはり こう 肉感的に 
胸もあるし お尻もあるっていうモデルさんのほうが
描きやすいそうです
迫力があるっていうのでしょうか
で このモデルさんは すっごく絵になる体をしてるなあ~
って 思って聞いてみると
そういう方は やはり 日本で有名な画家さんの裸婦のモデル
をなさっていたりしてるそうなのですよ~。
ほお~。
下着のモデルさんも むっちりしてる体格の方をつかいますしね~。
しかし 高校3年間で 美術部がモデルさんを呼んだって聞いたの
あれ1回きりでしたが。。
予算が余ったから?
それとも 毎年 内緒で呼んでいたのかな。。
うーむ、 謎です。。

ちょっとそっち系の話 R-20?

11月20日

あ ばれちゃった編 
20年前に聞いた話です 時効~。
○知人の友人(女の子)が 夜、家に帰宅しました。 
すぐ お母さんから
お風呂はいればー!と 声をかけられました
友人は すぐさま お母さんに
もう入ってきたー。
と 答えてしまいました。。
あ。。 
凍りつく2人。。
入ってきたって、どこの。。。?!
厳しいお母さんの目。。。
そうです。。
内緒で付き合ってた彼氏のアパートのお風呂に入ってきたのを
つい うっかり言ってしまったのでした。。
ぶぶぶっ。。。
悪いけど 聞いて大爆笑してしまいました。。
○彼氏とラブホテルに入った 私の友人
以前にも来たことがあったので
つい 彼氏に
ねえ~ 前にも来たよね~ここ~。
。。。。
俺 初めてだよ。。
!!!。。。
。。凍りつく友人
うゲ。。。
前の彼氏と来たんだっけ。。。
やべ。。
そうだった~ ごめんー!
ほら!前のホテルと 中がそっくりだからさー!
間違えちゃったー!!^^;
。。。
そんなに似てるかあ~??。。
おまえ まさか 他の奴と。。!
違うってー!
勘違いだよ~
ねっほら つくりがそっくりだよ~。
。。。。。
ぶぶっ 
あれほど焦ったことは かつてなかったそうです (^◇^)
○ホームセンターにて
私は栃木に嫁にきたので 同じ会社のホームセンター店舗に異動させてもらいました
で レジをしていたのですが。。
例のあれです。。男性用バースコントロール商品。。売っております。。
きれいな長方形の箱に入ってますねえ~。独特の形ですよね。。
そして なぜか 中央レジのそばの棚にちょこんっておいてありますね。。
売り場にいくと きちんと 種類が豊富にあって販売してますが。。
どうしてなんでしょうねえ~。
品番は 衛生用品扱いなんです。。
ティッシュや トイレットペーパー 女性のナプキンと
同じ扱いです。。
なんで ホームセンターで売ってるんですかー?
と 聞いたこともありましたが
うーん。。衛生用品だから。。と 
担当者の 煮え切らない返事でした。。
薬屋さんで売るのが妥当なのでは?という気がしましたが。。
で 意外とまた それが売れるのです。。
そして それがカゴの中に入っていたら
私達レジの人間は 
茶色い それが丁度入る大きさの紙袋に入れるよう指導を受けていましたので。。
いつも入れて差し上げるのですが。。
はっきり言って お客様に申し訳ないな~って 思いました。。
友人とも言いましたが。。
だって 紙袋にそれをわざわざ入れるってことは
それを買ったっていうことを 立派に内外に広めているわけです。。
ばらしているわけなのです。。
私達も それが何かを知ってるわけなのです。。
レジって ぼーっと前の人が何を買ったかーって 
後ろに並んでいるお客さんは見ちゃいますよねー。
で レジのお姉さん 何を茶色いフクロに入れてるんだろ。。
あー あれか。。みたいな。。
ばればれなのです。。
当時20年前なので。。特に露骨でしたね。。
今は 個別に包装されてますから大丈夫なのかな。。
で、ある日、冬、
可愛い無邪気そうな20才くらいの女の子が2人で
その売り場にいて あれこれ選んでいました。。
カゴの中には スキーに行くらしく スキー関連の用品と
そして それ。。
他にもレジのお姉さんがいるのに なぜ私のところに?(ToT)
2人とも カゴを一つづつ持っていて
ほぼ同じスキー用の商品を買っていました。。
そして それも 見事に同じ 可愛い絵柄のものでした。。
あの頃 パッケージに可愛い絵柄のものが発売になったのですよ。。。
2人で相談して おそろにしたみたいです。。
で 私が お決まりで 紙袋に入れたら
あ。。入れてもらえるんだ。。
良かったね。。
と 2人で顔を見合わせて
うふふって 無邪気な感じで笑いあったのです。。
泣きそうになりました。。
彼氏に買わせろよー!
と 思いました。。
きっと ダブルデートで お泊りでスキーに行くんでしょうね。。
どうぞ お幸せに。。 家族にばれないようにね。。
って 心をこめて 茶色い紙袋に入れて 上をホッチキスでとめましたよ。。
そんなある日 
その商品について 箱があまりにもばれちゃうし 紙袋に入れるのも悲しいものがあるしと
不満でいっぱいだった 私等 レジのヤング主婦 は 
衛生用品担当の ちょっと年上の独身男性社員に
わからないようにさー  ティッシュやハンカチ それにこれ入れて
セットにして 可愛くピンクの紙袋にでも入れて販売したらどう~?
と まじめに提案しました。。
社員はしどろもどろに いや。。売れないよ。。なんていいながら 逃げちゃいました。。
ちょっと 照れちゃったのでしょうか。
○食品レジにて
入社して 研修で1カ月 食レジで レジをうつのですが。。(当時は 手打ち)(うどんではないです)
一番びっくりしたのが
おじさん。。
何か 居酒屋でもおやりになってる方でしょうか。。
カート一杯のほうれんそうとか 大根とか 緑の野菜を大量に入れた一番上に
ちょこんと 金色に輝く 長方形のそれ をお載せになって
私のレジにいらしてくださいました。。。
ハア~~っ??って びっくりして。。
あわてて それを茶色い紙袋に入れました。。
頼むから 食レジでは 。。。と 泣きそうになりました。。
勿論 おじさんの顔は 見られませんでした。。
ほんとは お客様の顔を見ないといけない規則なのですが。。
こんなネタで すみません。。
ブログサブタイトルは 
ホームセンターレジ主婦の格闘!アレを巡る悲喜こもごも 
みたいな感じで~。。

ブラコンと フルート奏者

9月30日
高校は埼玉県の女子高でした。
進学校でしたので 生徒はかなり個性的。
ちょーユニークな人間ばかりでした。。
多分 勉強のやり過ぎ。。。
今日は2人のことを思い出したので書きます
また 友人の過去をブログネタに。。すいません。。
いいですよね もう27年前のお話ですから。。
メガネでショートカットの子がいました。
その子をまじえて 数人で談笑中
実はその子がかなりのブラザーコンプレックスだと
判明しました。
2つか3つ上のお兄さんがいたそうです。
彼女が高3の時だから 大学生って言ってました~。
入力している私  う。。。と赤面して 腕が硬直しそうです。。
彼女が高校から
ただいま~~!
って 帰宅すると お兄ちゃんが部屋から勢いよく出てきて
おかえりーー!LOVE
って、2人で思いっきり抱きあって
お兄ちゃんがほっぺたに チュッって してくれるんだそうです。
。。毎日。。。
。。。。
どんだけ~~???
(まじかよーーー!!)
嘘だろーって 耳を疑いましたが
本人が 目の前でちょー 嬉しそうに言うので
間違いありません。。。
ここに、って ほっぺの場所も教えてくれました。。
。。。右頬でした。。。
生々しくて 刺激強すぎ。。
目の前で聞いてた私達
どう反応したらいいのか。。。
思いっきり赤面して 引きまくりながら 笑顔で 
わー羨ましい~。。と なんとかごまかした記憶があります(~_~;)
おまえら あほだろ と突っ込んだ人は1人もいません。。
それはそれでいいとして。。
個人のプライバシーの領域なので。。
じゃーさー、
もし お兄ちゃんが誰かと結婚するってなったら
どうするーー??
絶対 結婚させない!
彼女なんかつくらせない!!
と 言い切りましたね。。
怖かった~。
ま いっか。。2人が幸せなら。。
その後はどうしたか。。知りたいものです。。
ちなみに その子
誰かが ねえ、めがねとってよー、
すごい美人だよねー
と言い出して メガネを外してもらったのですが。。
ほんとに すごく可愛い美人さんでびっくりしました
よく 漫画にでてくるのと同じですよー!
メガネをとったら 実は美人だったーっていうのとー。
色は白いし 目もぱっちり。まつげもばさばさの
すごい美少女なのですー!
にゃるほど~~
これなら お兄ちゃんも妹が可愛くて仕方ないよねえ~
と みんなで納得しました。
妹があれほど可愛いんだから
お兄ちゃん さぞかしかっこいいのでは??
写真見たかったな~。。(悔)
別の女の子。
吹奏部でフルート担当でした。
彼女がある日 違うクラスの子に
松山千春さんのレコード LP(懐かしい)を貸したのです。。
が。。
1ヶ月たっても かえってこないのです。。
で その子すごく綺麗な子なのに
気が弱くて 自分から返してって言えないタイプ。。
平気で言えそうな気の強そうな顔をしてるのに 実は気が弱い子なので
わたしらは 正直 毎日
返してもらえない。。返してもらえない、、って
うじうじ悩んでいる 彼女を見て 面白がってました(悪魔)
で とうとう ある日 
待ちに待った甲斐があって
とうとう LPが戻ってきたのです!!
勿論 大喜びの彼女。
返しに来てくれた人が 教室の入り口から
去っていった途端
ちーさま~!!
ちーさま~!!
良かったーー!
会いたかったですーー!!。
嬉しい~~!!!
とものすっごく笑顔で 感激していました。
あまりの感激に 情が高まり
ついには LPを抱きしめて 
泣いてました。。
お帰りなさーィ~!ヒック、ヒック、エーン、エーーン
かなりの号泣で。。。
回りの私達は
泣いてるよ。。。
と 指差してくすくす笑って。。。(非道)
そして 一通り泣いたら
今度は 歓喜の感情が湧き起こってきたのでしょう~。
その喜びの気持ちのままに
フルートで
明るい旋律の曲を
ぴろろろろ~♪
と 高らかに 吹き始めたのです。
おー
出たぞー
彼女の 喜びのフルート~~!!
わがクラスの名物~ 休み時間の。
ほかから見たら 異様な光景かもしれませんが。。
彼女は 何か 強い感情を持つと
突然 フルートを吹き始めるのです。
感情にあわせた曲を吹くので
今 どんな気持ちかすぐわかりました。。
けっこう 上手だったので。。
まじ笑えました。。。
気が弱いから フルートで発散していたのですな。。
今も 元気で フルート吹いてるかな~。。

偉いと思う

8月31日
今日はデスノート アニメ総編集版放映。
Lの松山くんの映画の事も放送されるらしいので
嬉しいです。早速録画しました。
癌で亡くなった実在の男性の映画が公開に
なりますね。
舞台挨拶でしょうか。。
男性の奥様が泣きながら 役者さんにお礼を言ってました。
テレビで拝見しました。
癌は 最期はとてもつらいものです。
多分本人にとっても。。
見てることしかできない周りの人間にとっても。。
それを奥様は 実感していたからこそ
きれいな映像、熱演の役者さん、すてきな音楽に感動して
泣いたのかな~と 思いました。
とても素晴らしい愛あふれる映画らしいです。
そういえば うちの母も 偉かったと思いました。
自分は癌だとわかっていましたが
一言も あと何ヶ月?って 聞きませんでした。。
根が 楽観的な人だったので
それも関係してるのかもしれません。
最期まで
退院するんだ!って
意識がなくなる前まで 母の姉たちに言ってました。
酸素マスクのもう目も開けられない 苦しい息の下で
お正月は 家に帰って 孫(私の子どもたち)に
お年玉をあげるんだ
と 言っていました。
伯母が 冗談っぽく
お金どこにもってんの?
と聞いたら、
母は胸をたたいて
ここにいっぱいあるんだよ
と言ったそうで
伯母は 
 
いっぱい 持ってんだと
(方言 いっぱい持ってるんだってさ)
と、涙ながらに笑って教えてくれました。
クスリが合わなかったのか
髪も抜けて どんどん痩せていってしまいました
でも 明るかったなあ~。
多分 父に弱音を吐いても うるさがられるだろうし
遠い栃木に嫁に行ってる私に言っても 心配かけるし。。
と 思って 何も言わなかったのかもしれません。。
後は 自分で 弱い自分に負けないようにって
思ったのかもしれません。。
バスタオルについて1度語ってくれました
病院で母の愛用してたバスタオルですが 
なんでも 水の事故で不慮の死を遂げた先生のお葬式の
お返しの品だったそうです。
弱気になると いつも このタオルを握り締めて
先生、助けて。
って 言ってるんだよ、
と母は私に笑いながら言ってました。。
今思えば 
もっと生きたいから 病気を治してって
ことだったのかな。。
母の姉に その先生って知ってる?って聞きましたが
うーん わからないなあと 言ってました。
母の友だちに聞くとわかるのかもしれません
不慮の事故で亡くなった方のお返しの品なら
縁起が悪いよ
と言おうと思いましたが
やっぱりやめました。。
母がすがっていたものですから
水をさすのはやめました。。
1度ぽつりと
2階の部屋。。 入院前に きれいにしないで
入院しちゃったんだよね。。
散らかったまんま。。
と言いました。。
私が嫁入り前につかってた自宅の部屋を
母は 自分の絵手紙を描く部屋にしていたのでした
で 荷物置き場になっていたのです。。
母の真意は
このまま病院で死ぬかもしれないから 
部屋の掃除ができないな。。
自分が死んだ後 部屋が汚いって嫌だな。。
ということらしかったでした。。
心残りだったみたいです。。
はっと思いましたが
わざとそっけなく
はいはい、私が掃除しといてあげるから
平気だよ。
と言っておきました。
そういえば
最後の入院前には 箪笥とか私に見せて
ここには こういうものをしまっておいたからね
と 家の中を歩いて説明してくれました。。
やっぱり 母は悟っていたんでしょうね。。
偉いなあ~。
弱音を吐かないで
最期まで 明るく家に帰りたがっていたなあ~。。
最期、個室に移動前の大部屋にいた頃
もうほとんど手や体に 力がなかったのですが
枕のそばにカレンダーと鉛筆を置いてました
マス目に 母が描いたらしい○が
あるのに気づきました。。
特に 聞きませんでしたが
多分 あれは 夜寝る前に
今日も1日がんばって生きた!
と言う意味で その日のマス目に
力をふりしぼって ○を描いていたんだと思います。。
人に弱音を吐かないで
よくがんばったな
と ほんとに偉いと 今日思いました
やっと こうしてブログに書けるってことは
私もかなり つらかったのかもしれません
3年たって ちょっと落ち着いたようです。
私の夢に現れる母は きれに化粧して洋服も着てるので
今は 天国で楽しんでいることでしょう~。

20歳

8月13日
お盆ですね~。
いつものように のんびりさせてもらってます。
長女もやっと かえってきました。
長女にしてみれば帰省ということで
自分のものは ほとんど 東京にあるわけですから
こちらでは なんだか不自由そうです。
お盆というと
小さい頃は 両親の実家へ行って
大勢の従兄弟たちと 楽しく遊んだのが懐かしく思い出されます
母は亡くなっていますが
自由葬でしたので 父も特にお盆には
こだわってないようです
父が 20日から旅行に連れていってくれるので
今回のお盆は 本庄へは 帰りません
心の中で 母に お参りしてます。
でも お盆に帰ると
母の写真がほんとに気になって。。。気になって。。
私に 話しかけたい雰囲気をひしひし感じるのです"^_^"
だけど 私は 視えないし 声も聞こえないし。。。
お母さんごめん。。おしゃべりできないよー。まじ勘弁~
といったところです。。
泊まると 夜中に 私だけ なぜか不思議と目覚めちゃうし。。
ほんとに お母さん。。すいません。。
でも 亡き方と会える期間ですよね。。
ぶーすかさん お嬢様とゆっくり逢瀬を楽しんでくださいね。。
私の友人も。。そちらに行けないけどごめんね。。
しっかり 息子ちゃんを抱きしめてあげてね。。
あたりの空気が ほんとに お盆だな~って
空気です。。
なんだろう。。
やっぱり 皆さん 還ってきてるっていうか。。。
不思議な期間ですよね。。
万葉集の人たちも 還って。。。
あっ・・違う!
皆さんは 神道で 祀られてるんだ。。。
そうだー。。神なんだ。。
よく調べないと。。!
ダルちゃんが20歳ということで
ちょっと 思い出しました。。
anan アマゾンで 思わず 注文してしまいましたよー。。
友人が 立ち読み(^_^;) して ちょーすごいよー
と 言ってたので ついつい。。。
明日 着です。。
ガクトさんの CDも 購入しました
楽しみです~!
私が 例の ひばりのマークの某レストランでバイトしてた20歳の頃
高校生で ちょっと遊んでるという噂の
17歳くらいの女の子のバイトちゃんから
仕事中 いきなり話しかけられました。。
ねえねえ ゲゲちゃんは もう結婚するんでしょ?
へっ?。。
なんで???
まだしないってばさ。。。。
彼氏いるじゃん。
いるけど まだ2人とも大学行ってるし。。
全然結婚なんて できないって!
なんで?いきなし。。??
だって 20歳でしょ?!
20歳になったら 女の子は結婚しなきゃいけないんだよ!
。。。。
いくら20歳だからって 大学生で お金もないし
むりだっちゅーの!
え~~~~
(不満顔)
今から 24年前ですか。。(うわー ふた昔前。。)
まさか 遊んでるギャルから
そんな 20歳で結婚みたいな
封建制度時代のようなことを聞いて
耳を疑いました。。
でも あの時代。。
やっぱり 高校を出て 2年くらいで結婚。。。
って いう 時代だったかも知れませんね。。。
ほんとに 女性が大学に行くなんて
ごくわずかだったし。。
よく 人から。。
大学へ行ってるの?
結婚できないね。。
オールドミス(古っ!)になっちゃうよ~
なんて 言われたましたね。。。
あの頃の事を考えると
20歳で結婚って
当たり前のことなのかな~。。。
とか 思ったりしたりして。。。
でもさ 
やっぱり 
本音を言うと
よく母親仲間とも 話すのですが。。
長女の友人も ごろごろ 16、17で 結婚して出産してますが。。
ほんとに おめでたいとは思うのですが。。。
本音は。。。
もっと 遊んでから 結婚すればいいのにね。。。って。。。
特に女の子。。
結婚したい年頃だろうけど。。
わかるけど。。
もっと 色んなことを勉強して
世間のことを良く見て
旅行、人との出会い、
いろんな男の人とのおつきあいとか。。
結婚してからは 中々できないことを一杯体験して
それから 結婚してもいいのにね。。。
と ぼしょぼしょ 話をします。。
でも 若くても結婚して 立派にやってらっしゃる方も
大勢いらっしゃいますからね。。
一概には言えませんが。。
私も 見習わないと。。。
皆様 楽しんで お盆期間をお過ごしくださいね~。
残暑お見舞い申し上げます~。。
今日は ルルくんのお医者さんに行って 歯のカット。
旅行の靴探し。
あと 夫の妹夫婦が 東京から 遊びにきまーす。
おー 昨日の大河 録画したガクトさんの麗しい姿も見ないと!
暑い毎日ですが
皆様のご健勝をお祈り致しております~。
ほんとに sashaさんのブログの
あつは なついね~!
の 気持ちで一杯ですよ~。。

賞味期限

8月6日
胃腸は弱いくせに 賞味期限切れのものを食べても飲んでも
ちょっと傷んだものを食べても なんともないゲゲです。
思い起こせば 母も賞味期限には強い人でした。。
遺伝だ。。。
ストレスには かなり弱いです。。ありえないほどです。。
会合で疲れて 帰宅すると 面白いほど即発熱します。。
ビタミンC不足かも。。
いっぱい 粉末を飲んでます!
賞味期限は なんだか 母が亡くなって以来
私にとっては ちょっと悲しいものになりました
母は 平成15年の8月に最後の入院をして
そのまま退院することはありませんでした
平成15年は2003年ですね
で 母は 安売り 特売が 大好きな人でしたので
チラシを見ては あっちの店へ自転車で買い物
こっちの店へ父と車で なんてことを 入院前まで
ほぼ毎日してました
ですから しょうゆ、歯ブラシ トイレットペーパー、洗剤
サランラップ アルミホイルなどは もう 沢山
山のように 買っていたのです
そして 入院して
平成16年 2004年 1月 不帰の旅に出発しました
残された父は1人暮らし 
やはり1人ということもあってか
作るものといえば 味噌汁くらい。
しょうゆと砂糖をつかっての煮物なんてのは一切つくりません
サランラップも ほとんどへりません
弟も1人暮らしなので そういう類は 全然使いません
で 必然的に 私が遊びにいくと 父から
ゲゲ いらないから 宇都宮へ持って行け
ということになります
そして 私は 賞味期限切れとかに強い肉体ですので
喜んで いろいろ 使いかけのものとか冷蔵庫のものとかを
もらってきました
この家で 料理につかっていたのですが。。
しょうゆとか みりん、お酢、その他調味料
賞味期限 2004年 10月 あたりが 非常に多かったでした。
最初 なんでだろうと 思いました。。
そして
母が 元気にせっせと特売を買っていた 2003年 5月以前の製造の品は
きっと 賞味期限が 2004年10月近辺なのだということに
はた!と 気が付いたのです。
嬉々として 元気に買い物に行ってた母。
まさか 死ぬことになるとは 思わないで
何年もの分も いろいろ買い物をしてたんだろうなあ。
入院してる間も 
早く退院して あのおしょうゆ使わなくっちゃとか
気にしてたんだろうなあ~。。
私が遊びに行くと
これね あそこのスーパーで 安かったの!なんて言って
いつも 我が家にも 色々分けてくれてました
当時 子どものクラブで忙しくて 買い物に 中々いけなかった私
へ~ 安いね~と 感心して もらってきたものです。。
それが 当たり前に思っていました。。
随分 大量におしょうゆとかもあったので
去年あたりまで 2004年の賞味期限のものを使ってました
味は全然大丈夫でした
空きペットボトルを処分する時
賞味期限の刻印を見ては 
元気に買い物に行ってた母を思い出して
いつも しんみりしてました。。
母が亡くなった後も 母の買ってきたものは ちゃんと存在してるのです。。
なんだか すごく不思議でした。。
まだ冷蔵庫に おソースかな。。 あります
味は全く平気です。。
夫がちょっと変わっているので
実家に少し2,3日 ゆっくりして 家の事をやってあげたいな~
と 思っても 中々ままなりません
正月も 日帰りでいいよな!とか言っちゃう人ですから。。
私の実家にいても 自分がつまらないからだそうです
だったら 宇都宮の家で留守番して
自分の親と 過ごせばいいのに。。 
向こうで どこかに出掛ければいいのに。。
そういうことが出来ない不思議な人なのです。。
夫の母は お父さんのとこへ行って
いろいろ家事とか やっておあげ とか
言ってくれてるのにね。。
夫の妹のだんなも 妹が実家(つまり 宇都宮)へ行くのは
大喜びらしいです。。
逆に余りにも いーよ いーよ行っておいで というので
不審がって 妹はこっちへほとんど来ません。。
作戦か。。?
おっと また危ない
夫の愚痴だー。止まらん!
実家のサランラップですが
母が生前使っていたものを いまだに使っています。。
と いうより 
父はサランラップはきっと 使わないんでしょうね。。
私が実家に行って 料理を作るときに つかっているのみです
で それがまた 母が 適当に なんか封をあけちゃったみたいで
あの ギザギザカッターが ないんですよねえ~。
何をどうしちゃったのか。。
ですから いつも 力で びりびりと破いて
私は使っています
100メートル巻きなので 。。。。
使い切るのに あと何年 かかるか。。。
実家に行って 料理をつくって サランラップを使うたびに
お母さん。。開けるときは きちんと後の事を考えてあけてよね
と いつも文句を言いつつ 苦笑しながら びりびり破いてます"^_^"。。

思い出したこと

7月26日
今日さっき 仕事の帰りに 今年初めて セミの鳴き声を聞きました
うおー、夏ー。
次女からは まま おっくれてる~
うちなんか もうずっと前から 神社で聞いてるよ~
と言われました。。。(負けず嫌い。。)
さくらさんの記事を拝見して 思い出しました
お盆も近いので 書かせていただきたいなと思いました
きっと これも何かのご縁だと思います。。
高校を卒業して 秋になり
3年の時のクラスメイトが亡くなったと連絡を受け
クラス全員でお葬式に行きました
亡くなった理由は とうとう わかりませんでした
後日 友達から聞いた話では
△関係で 悩んでいたらしいということでした
本当かどうかは わかりません。。
高校時代は 明るい美人さんで
卒業後は 就職した彼女でした
親友と呼べるほどではなく 普通のクラスメイトでした
○○○~。 ブログに書いてごめんよ~。
でも いーよねー
私も もう44歳だし
最近 物忘れもひどくて
高校の頃のこととか 段々忘れてきてるんだよ~
何より 19才で亡くなった君の事を
忘れたくないんだよー。
時々忘れちゃうからサー。。
書いておくと 読み返したとき 思い出せるから。。
ごめんねー。。
卒業アルバムでは いつもおすましして笑ってるから
ついつい 元気だーって 思っちゃうんだよね。。
今でも 忘れられないのが
自宅での告別式が終わって
外で 私達が待っていた時間です。。
霊柩車がきたので 
あー、そっか。。斎場に行くんだ。。
と まだ彼女の死の実感がいまいち無い 若い私達が
思い始めた頃 
家の中から 女性の声で
ヒーッ!!
とも 
キャー!!
とも 聞こえる 悲鳴のような絶叫が聞こえてきました
記憶違いかも知れませんが
納棺の時の 釘をうつ ガン!ガン!ガン!という音もした気がします。。
胸にささる本当に悲しい音でした。。
そっか。。蓋がしめられたんだ。。。
彼女の棺は 男性たちによって外へ運びだされました
その間 その悲鳴をあげた女性も外に出てきました
○○○ー!! いやー!!と
死んだ彼女の名前を 泣きながら 叫びっぱなしでした。
私達よりは年上の 若い女性でした。。
誰かにおさえられてました。。
彼女のお姉さんだと わかりました。。
もうふらふらで 目が赤くはれていて
白いハンカチを口に当てて
彼女の棺しか目に入ってないようでした。。
彼女の死から 毎日毎日ずっと泣き続けていたのが
一目瞭然でした。。
泣き叫びながらお姉さんは 止めようとしましたが
彼女の眠る棺は 霊柩車の中に入ってしまいました。。。
○○○ー!いやー!と叫び続けているお姉さんは
お母さんらしき人に 押えられて
霊柩車は ドアを閉め 静かに動き出しました。
お姉さんは ふらふらになりながら 
お母さんの手をふりはらうと
霊柩車の後を 彼女の名前を叫び続けながら
5、6歩 追いかけました
そして 無駄だと悟ったのか 諦めたのか
誰かに抱きかかえられたお姉さんは その場に立ちつくして
あーーーー!!!と  両手を伸ばしたまま
去ってゆく霊柩車に向かって 
泣き叫んでいました。。
目の前のあまりにも悲しい光景に
私達は 大泣きしてしまいました。。
彼女が 本当に死んじゃったんだとわかりました・・。
高校時代に笑っていた彼女は もうこの世にいないんだ。。
と 深く深く実感しました。。
本当に つらい光景でした。。
私達は 一年の時の クラスメイトを
その年の高校卒業前の 2月に 1人病気で亡くしてます。。
あまりにも若い2人の死に とても悲しかったでした。。
その前年には 卒業した一つ年上の先輩を
自殺で 亡くしてます。。
私達の同級生の 従姉妹でした。。
彼女の亡くなった理由はわかりません。。
ただ お姉さんがあれほど 泣いてたからには
とても悲しい死だったのは 間違いないです。。
噂が本当かどうかはわかりませんが。。
私は
妻がいるのに 高校を出たばかりの純情な女の子を
そこまで追い詰めた男性が
ほんとにとても憎いです。。
もう25年もたってしまいました。。
私の長女が19才。
19才の娘を失った親御さんの悲しみも ひしひしとわかる年齢になりました。。
あの時のお姉さんの深い悲しみも 
我が家の仲良し姉妹を見てると
ほんとによくわかります。。
○○○~。
きっと今 お花畑にいるよねえ~。
A先生も そっちで 英語の授業してるかな~。。
きっと 相変わらずびしびしきついこと おっしゃってるよねえ~。。
アラン・ドロンみたいな顔をしてさ。。
その10年くらい後 もう1人クラスメイトが
若いのに 病気で亡くなりました。。
今 
私が生きているこの命の尊さを
しみじみと思います。。
みんな 楽しかった高校の頃の延長のように
あの世で無邪気に笑って 楽しく暮らしているといいなあ~と
ほんとにほんとに思います。。
ブログに書いて ごめんよ~~
許してね~~
電波にのって 天まで届くといいなあ~~。。

26歳

最近なぜか 俳優さんの年齢で 26歳というのが
目につくようになりました。。
26歳?
と思ってしまいました。。
26歳 。。 
良い年ですよね。。
大学を出て4年 高校を出て8年 立派に社会にも慣れて
貫禄も出てくるし まだ若いフレッシュさもあるしと
恋に仕事に頑張れる
とても 素敵な 青春まっさかりの年です!
。。。。。では
26歳・・
自分は・・?
何してたカナ・・・?
だめだ。。
う。。。
記憶がない・・・。
。。。。
25歳と4ヶ月で 長女を出産した私。
26歳は 赤ん坊の長女の世話で
必死になって 家にいて
一切の記憶がないのです。。
ミルクを飲ませて 食べさせて
はいはいをする相手をして
抱っこして
家事をして。。
化粧もしないで 髪を振り乱し
疲れて寝るだけだった毎日。。
たまに漫画は読んでたかな
花とゆめ は買ってた気がします。。
あー。。。
26歳だけはふっとんでる。。
27歳は記憶があります
長女を連れて どこへ行ったとか
外へ出るようになりましたから。
お化粧も おしゃれもするようになりましたし。
まあ いっか。。
子育てに夢中でがんばったんだから。。。
こどもも 立派?に 成長したことだし。。
今年で結婚20年。。。
よくがんばったな。。
えらいぞ。。自分!
自画自賛 (~_~;)

あの時どうすれば!?

7月21日
レストランでウエイトレスのバイト中の事です
時々思い出してしまっては 
うーん~。。。
と 自分の行動を顧みて
もっと良い方法がなかったかと 思ってしまいます
こういうのって 何十年たっても忘れられないです。。
私が21才の 大学3年のときだと思います
その頃 秋だったか
なんだか やんちゃな高校生バイトくんたちが
えらく にぎやかな時期がありました。。
休憩でみんなが使用する 控え室が
そいつらに占拠されて とてもうるさかったのです
社員さんたち、私等大学生たち 大人しい高校生らは
休憩のときは その休憩室で 静かに語りあったり食べたり
昼寝をしているところなのですが。。。
社員さんがいないと もう
そのうるさい軍団が ぎゃーぎゃー盛り上がって
ちょっと ひんしゅく状態でした。。
狭い控え室なのに 7人ぐらい固まって
自分達だけのネタで 異常に盛り上がって
人の悪口とか言いたい放題。。
一緒にいると 不快になるほどのうるささなのです。。
私等とか 多少のベテランは うまく相手をしてましたが
気の弱い子たちや 新人さんとかは その部屋にいるのが
きっと いたたまれなくなるほどの やかましさでした
 
仲間と騒ぎまくってるんですよねえ~。
バイトにはまって お金を稼ぐのが面白くなって
中々 仕事が終わっても帰らないのです。。
で とある日曜日の夜  フロアーの高校2年生の男の子が1人 A君
控え室に休憩にいきました
彼は確か10時まで働ける子だったので
7時頃 30分の休憩に行ったのです
私はその時 フロアーで仕事をしてました
でも 控え室は いつものように
仕事あがりのうるさい軍団がたまっていて
とても賑やかなのが 私等にはわかってました。。
キッチンとフロアーがしーんとしてたからです。。
仕事中の彼等のテンションの高さは
とてもありがたいものだったのですが。。。
休憩に行った男の子は
ちょっと 新人で しかも大人しい男の子なのです
イケメンでおしゃれなのですが 線が細いっていうか
物静かっていうか。。繊細なんですよね。。
新人さんなのですが フロアーの仕事に慣れてきていて
料理運びや デザートもつくれるし 
レジもできるようになってました 
貴重な戦力にありつつある子でした。
ごゆっくりどうぞ~♪
とその男の子に わたしらは声をかけて
その子は 控え室へ行きました
控え室というのは やはり独特のムードがあり
新人さんには とても居づらい所です
なごやかなムードなら 新人さんも落ち着いて
仕事を続けようという気持ちになります
(私も最初がそうだったので その気持ちよくわかります)
でも そこで休んでる人たちが
新人さんを無視して 仲間内だけで盛り上がってると
たちまち 新人さんは 孤独を感じて 
仕事をやめてしまったりします
社員さんや 私等みたいな長い人間にしてみれば
貴重な戦力になりつつあるバイトちゃんを
そんな控え室の孤独だけで失うのは とても痛いことなので
いっしょの休憩の時は できるだけ優しい言葉をかけて
笑いあって 長く長くバイトを続けてくれるように
ふれあいを持ちます
でも そういう空気を全くわからない子たちが
なぜか その頃 幅をきかせていて
押える人間がいない時間は 控え室に居座って
その部屋の空気を最悪なものにしてたのです。。
休憩するべき子たちに椅子を譲らないで
仕事からあがった自分らが 椅子を占領してるときもありました。。
ほんとに 自己中心的でわがままでマナーがなってませんでした。。
私達がいるときは 注意したんですけどね。。
彼が休憩に行って 10分くらいした頃
私は お客様のオーダーをとって
バックに戻りました
 
キッチンにオーダーを通して
お客様にお持ちするスプーンやらフォークやら揃えて
トレイに載せていたら
バックの 外と通じるドアが開いて
休憩に行ったはずの彼が
なんかつらそうな顔で入ってきました。。
ちょうどフロアーに出ていこうと
トレイを持っていた私と目が合いました。
他の仕事してるみんなは フロアーに出ていて
バックにいたのは 私一人でした。
彼は 私を見ると ほっとしたのか
もう耐えられない! という感じで
お客様から見えない場所で
しゃがみこんで 
ひざの上で 腕を組んでうなだれました
あー 。。控え室か。。
あまりのうるささに 居づらくて
座ることもできなくて
耐え切れずに戻ってきたな。。
と思いました。。
あーあー。。あいつら。。
自分の仲間たちとばかり 盛り上がって
こういうふうに 休憩に行って休むべき人間の居場所を
とりあげてんだよなあ~。。。
その頃も 人手不足のレストラン業界です。。
私等が どんな思いで 若い高校生バイトの子達を育てて即戦力にしているのか。。
あいつら わかってんのか~!!
このA君も やっとの思いで 育てあげてきたんだぞー!!
控え室が うるさかったの?
思わず彼に聞きました。。
A君は しゃがんでうなだれたまま
顔を自分の組んだ腕の中に隠したまま
うなずきました
(やっぱりね~)
なんだか しゃがみこんでうなだれてる彼が可哀相で
思わず 
頭をなでてしまいました
その子は おしゃれにつんつんに髪の毛を立てていた子でした
髪はふわっとしてて 今でもその感触は手が覚えてます
私は お客様のところへ行かなければならなかったので
フロアーへと 出ていきました
すぐ戻って 彼の話を聞いて
一緒に あいつらの悪口を言ってあげようと思いました
でも。。
バックに戻ってみたら もう男の子はいませんでした。。
どこ行ったんだろう。。
バックの中を探してみたけど いませんでした
外へ出て行ったみたいでした
控え室にはもう 多分戻らないだろうな。。
と 思いました。。
暫くして 彼はそのドアから戻ってきて バックの仕事を始めました
私は 彼と交代で上がりでした。。
ちょうど忙しくなって 彼の話も聞けないまま
私は控え室へ行きました。。
彼は もうさっきのつらそうな感じはあまりありませんでした
ただ黙々と社員さんの言う通り 忙しく仕事を始めてました
控え室へ行くと うるさい軍団はいませんでした
すでに出掛けたみたいでした
A君と同じ高校で
A君の後輩にあたる高1の男の子が1人いたので
さっき A君 休憩にここにきた?
と聞きました
あっ 来ました。
でも ちょといたら出てっちゃった。。
やっぱり。。
だめじゃん。休憩の人に椅子を譲ったりしなくちゃさー。。
A君 座る椅子がなくて立ってたんでしょう?
はい、そうです。。すいません。。
そういえば
Aさんって この間 学校で見たんですけど
階段のところで ぽつんと1人でいたんですよねえ。。
そうなんだ。。
学校でも何かつらいことがあったのかな。。
その上 バイトでも辛いなんてね。。
その後 A君は バイトをやめました。。
あの控え室の雰囲気が悪かったんだろうな
と 思いましたが
ある日 もしかして
私が 彼の頭をなぜたから?
と思いました。。
高2の男の子って 
もしかして ものすごくプライドが高い時期ですよね。。
それを 落ち込んでる姿を 年上の私に見られてしまって
しかも 頭をなでられたなんて。。。
ものすごく自尊心が傷ついたのかも。。
なんて言ってあげたらよかったのかな。。
今でも あの時のことを思い出すと胸が痛くなります。。
他に良い方法をとっていたら
あの子も バイトやめずにすんだかも。。
もっと 頑張れって励ませばよかったのかな。。
それとも もっと優しく慰めればよかったのかな。。
でも あまりにも優しくして 頼られてしまう結果になると
こっちまで 身も心もぼろぼろになっちゃうのもわかってるし。。
ほんとに 答えがまだみつかりません。。
息子がいれば 聞けるのにね。。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ