« 考察 巻第3ー挽歌420~425 石田王 丹生王 磯城皇子 紀皇女 | トップページ | 会話 »

川柳

11月28日

次女の川柳が 宇都宮の地域の芸術祭で
中学生部門で銅賞を頂きました。
賞を頂いたといっても 特賞が1人で
その他は、金・銀も沢山いて
銅も沢山いるんですよ~
それが。。夏休みに 
応募したい人は書いて先生に出しなさい~
という 気楽な募集だったようでした。
本人も 書いたことすら 忘れていたそうです
頭の中から ぽろっと出た川柳だそうです。
・・親からいうのもなんですが 可愛いです。。
選んでくださった先生方 ありがとうございます。。
不思議だね流行りの物はもう遅い
。。なんか。。
ついつい笑ってしまうのは 私だけでしょうか。。
次女も 笑ってましたが。。
あの子は何気にそういう思いつきの才能があるっていうか。。
ひらめきが すごいね~。と
うっかり口がすべって ほめてしまったら。。(失敗)
受験もこの調子で ぽろっとひらめいてさ
勉強しないほうが受かんじゃね?!
と すっかり天狗になり。。
お調子こいてました。。
これだから。。君は。。
うっかりほめると。。
何バカな事言ってるのー!!
にんげんっはね、ひらめきの他に努力をしてこそ
レベルが上がるのよー!!
努力の大切さを こんこんと
2分も お説教しちゃいました。。
は~ 疲れた・・。
長女も 以前中学生の時 伊藤園のペットボトルで
ペットボトルには載りませんでしたが 応募して
下のほうの賞を もらったことがあります。
学校でまとめて先生が応募したそうです 
全国から かなりの応募があるんだそうですね。
○○○ ほわりほわりと春の風
とかいう作品でした~。
忘れちゃった。。
ひらめきと言えば 次女は気が向くと
親も知らぬ間に ばばばっとやっちゃう子でして。。
以前 学研の ○年生の学習 だったか
団地犬のダン という 
盲目の犬を団地ぐるみで可愛がるお話 ありましたね。
次女が4年生の時だったかな。。
あれ 私が知らない間に
ダンに お手紙を書いて 学研編集部の募集に応じて
郵送してたのですよ。
そしたら 
犬のまさおくんの動物の番組 ありますよね。
あそこから 夜 お電話いただきました
今度 ダンの特集をするのですが
学研さんで募集された作文を見させてもらいました
お宅のお嬢さんの作品を 番組の中で
朗読させてもらってもよろしいですか
んま~!
あの子ったら、いつのまに作文を送って~。
勿論 OKしましたが
残念、時間の関係上 朗読されませんでした。。
でも本人 ぱぱぱっと書いて郵送したみたいで
よく覚えていないって。。言うんですよね。。
ほんと あの一瞬のひらめきと行動力って
すごいよなあ~。。
長女が5歳の頃 言った言葉で
詩みたいのがあって 今でもとても気にいってます
読売新聞に応募したけど 没でした~
冬 部屋で 長女が寒がっていたので
コタツにあたれば?って私が言って
コタツにもぐった長女でしたが
暑いよ~と 訴えた言葉です。
さむいよ さむいよ 
○○ちゃん 氷になっちゃうよ
(おこたにあたったら?)
あついよ あついよ
○○ちゃん やきいもになっちゃうよ
うお~~!!
あの頃は なんて無邪気で可愛かったんだーー!!(絶叫)
ママ、子どもの頃の無邪気で笑顔の可愛いきらきらした君に
もう一度 会ってみたいわ~。
と言うと 長女はきまって
フン!
あのね?わかる?
人間はね・・ 大きくなれば変わるんだョ。。
もう あの頃のうちは どこを探してもいないんだよー!
と 答えが返ってきます。。 

« 考察 巻第3ー挽歌420~425 石田王 丹生王 磯城皇子 紀皇女 | トップページ | 会話 »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川柳:

« 考察 巻第3ー挽歌420~425 石田王 丹生王 磯城皇子 紀皇女 | トップページ | 会話 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ