« 神様はちゃんと見ている | トップページ | 葬式まんじゅう »

名前

10月21日
次女の名前ですが 漢字表記ではよく間違われます
次女は 糸へん なのですが さんずい に書かれてしまいます
でもまあ それは その名前を付けたときに
もう わかっていたことなので 次女にも
間違われても気にしないようにと
幼い頃から 言い聞かせてきました。
小学校に入学して使うお道具箱に貼る 業者プリントの名前で
次女の名前が間違われたのを 1回指摘したのみで
あとは 私は過去 名前をいくら間違われても 文句を言ったことはありません。
電話連絡網とか 学校の広報紙
必ず間違われるので 面白いほどです
時々 糸へんで あっているので 
逆に
おー これ作った人 すごいよね!注意深いぞー!
と 絶賛したくなります。
次女が 
うがー なんで みんなうちの名前間違えんのー??
とよく騒いでいますので
仕方ないの~。
ママが子どもの頃の歌手で 南 ○○ て言う人がいてね
その人の名前は さんずい なの~。
だから 君の名前は 多分一生間違えられるのよ~。
(あはは、わかっちゃいますね~)
となだめてます。
っていうか あまり 名前のことを気にしてほしくないっていう気がします
間違っても オーライ~。
どんとこい!!
っていうような おおらかさを持って欲しいです~。
まあ。。これは 私が 長いことPTAの広報紙をつくっていて
人の名前は絶対間違えるな!!失礼だ!
という 厳しい世界で やってきた反動かもしれませんが。。
人の名前は間違えてはいけないけど
自分の名前を間違えられても笑って許しなさい みたいな。。
そういう人になってほしいです。。
私は結婚したので 1度名字が変わりました。
それ以来 なんか 名前も こだわらなくなったというか。。
今までの自分の24年生きて来た名字を捨てて
だんなの名字を名乗るという。。
なんか 自分が築いてきたキャリアがすべてなくなった気がして
とても悲しかった思いがあります
まあ 新しい自分になれるっていう 期待感もありましたが。。
姓名判断も 名字が途中で変わったので
結婚前の名字と 結婚後の名字で やってみると
結構 面白いです。。
結婚後の(今)の名字で 
子どもの頃は苦労が多いです
って書いてあると 笑えます~。子どもの頃は 違う名字ですからね。
結婚前の名字で 晩年は~。。
なんて書いてあると 
この名字には 晩年はないわねえ~って 思っちゃいます(多分 いや、絶対)
おまけに 今の名字ですが
読み方が二つあって。。。
必ず 名前を呼ばれる時 間違われます。。
スポーツで 有名な選手がいて
みなさん どうしても そちらの読み方で呼びます。。
これも 私が 名前を気にしない 一つの理由です。。
もう いちいち訂正するのも面倒みたいな。。
おまけに もっとめんどくさいことに
間違われる呼び方 ですが 
なんと 夫の母の旧姓は その間違われる呼び名と同音なのです。。
だから 母も もう 銀行とかで間違えて名字を呼ばれても全然平気で
はあ~い 
って 返事してます。
もう 好きに呼んでー!どっちでもいいから~!
みたいな感覚です。。
自分の名前を大事にされる方の気持ちもよくわかります
でも 身近で顕著な例が2つほどあって。。
あまり こだわるのもどうかな~って。。。
長女の小学校の時の 他のクラスの担任だった男の人
名字が ○田 なのです。
普通は だ と読みますが 
その先生の場合は た なのだそうです。
先生の自己紹介のとき 児童達に 
黒板に書いてしつこく何度も言ったそうでした^_^;
先生なんだからさ
大きな包容力で 自分の名字のささやかな違いも
気にしないでほしいよね~と 他の保護者たちと言い合いました。。
その危惧が 見事に実現してしまいました。。
彼の 小をとって大を捨てる みたいな細かさで
そのクラスは 見事 学級崩壊。。。
すごかったです。。恐ろしかったです。。
あんな良い子達が あんな風に変わっちゃって。。。
うちのクラスも 巻き込まれないようにと
わたしらは 必死で自分のこどもを守りました。。
ひところ 新聞をにぎわした 学級崩壊ですが
あれは はしり でしたね~。。(遠い目)
もう1人が 女の子のお母さん
娘に ちょっと漢字で 変わってるというか
間違えられやすい漢字で 名前をつけたのです。
なので ことごとく あらゆる文書で間違えられてしまうわけなのですよ。
で そのたんびに
作った人に 文句を言って 訂正させてるのです。。
やっぱり 家事と仕事の傍ら 苦労してワープロ文書とか作った人は
いや~な 気持ちになりますよね。。
ほんと 陰で文句を言われてましたでした。。
っていうか 親バカまるだしっていうか。。
ちょっと 異常なものがありましたね。。
そういうのを見てると 
あまり こだわるのもどうかな~って
思いましたです。
つけた親が きちんと 子どもの名前と意味を心に刻んでおけば
実生活で多少間違えられても いいんじゃないかな~って
万葉集を勉強してみて 思ったりしました~。
この間 テレビを見ていたら
女の子の赤ちゃんに 
とうと 
って ひらがなで名前がついてました。。
次女が ・・・・・・・・!
って 叫んでました(自主規制 苦笑。。)
う~ん。。
私なら
たあた
って つけるけどなあ~ と言ったら
次女にバカにされました。。

« 神様はちゃんと見ている | トップページ | 葬式まんじゅう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名前:

« 神様はちゃんと見ている | トップページ | 葬式まんじゅう »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ