« 私は見た | トップページ | 親 »

謙信さんのいた頃

9月19日
NHKの大河ドラマを見てると あの頃の土地を巡る相関図が
とてもよくわかります。
なるほどにゃ~と 敵・味方の関係が
すんなり わかります~。
やはり 人間が演じて下さると 生き生きしてくるので
歴史の流れがよく理解できて 助かります。
上州は ほんとに 沢山の武将が
土地を巡る争いをして
ほんとに人間関係が複雑ですね。
関東管領の上杉家、武田、北条と
色んな人たちが 群馬の土地が欲しくて
あちこちから 手を出してきます。
以前は群馬をドライブして いろんな城跡を見てきました。
ここで いろんなドラマがあったんだ~と
とても感慨深いです。。
長野もすごかったですね。
武田、今川、小笠原、村上、北条、
きっと 場所的に
押えておかなければいけないところだったのでしょうね。
そこで 私が思うのが 私の本庄の渡邉家のご先祖様は
その時 どうしていたのだろう~と いうコトです。
本庄は武州で 上州と小田原の間にある感じの土地です。
最終的には北条側に ついたみたいですね。
後に 埼玉の城はことごとく 秀吉に滅ぼされてます。 
児玉党 という 平安時代からの 勇猛な軍団があって
一目おかれていました。
武蔵7党と して 有名な7氏のうちの 一つです。
本庄は 本庄氏という 児玉党からの分かれた一族みたいです。
ガクト謙信さんの 優秀な御家来衆に 本庄氏が 居ますが
もともとは やはり 埼玉の本庄氏の出身みたいです。
悲しいかな。。
越後の分家のほうが 有名になっちゃいました。。^_^;
上杉家と トラブった 本庄の騒動がありました。
いかっこ(五十子騒動)1477年
うちの実家は その場所のすぐ近くです。
うちのご先祖様は 上州の新田の家来ですから
本庄氏とはつながりはありませんが
本庄城の目と鼻の先に 住んでいたので
まあ 仲間っていうか 少なくても敵ではなかったと思いますが
実際はどうなんでしょう。。。
新田義貞公 亡き後は 新田一族は
上杉、武田、北条 と対立してたそうです。
では うちのご先祖様も ガックンたちを相手に
戦っていたのでしょうか。。
なんか 悲しい。。
現在発展している分家(私の実家の分家)は
戦国時代に分かれたそうなので、きっとこの頃ですね。
渡邉は 勇猛な武家の名字。
きっと 戦いに明け暮れていたのかもと想像すると
大変だったろうな~と考え込んでしまいます。。
私が 群馬や埼玉北部の人たちの気質を見て思う事があります。。
あくまでも 私個人の感想ですが。。
誰が上でも 関係ない。
自分達が強くて楽しければそれでいい。
と言った 気の強さがあるような気がします。。
確かに 歴史的に見ても
常にあちこちの武将からねらわれてる土地でした。
自分達のお殿様が 新興の武家に簡単に殺られるなんて事は
よくあったでしょう。
そんな土地柄からか 多分
 
自分達がしっかりして 上には 期待をしない。
って いう感じになったんじゃないのかな~と思います。
大河ドラマは 最近人間関係が複雑になってきたので
次女などは ちょっと ついていくのが大変そうです。
でも 私は どろどろな人間模様が 大好きなので
わくわくして 見てます。
でも 一番の目的はガックンの麗しい姿です!
この間は 信玄のお母様がお亡くなりになりました。。
また1人 第1回から出演の方が世を去りました。。"^_^"

« 私は見た | トップページ | 親 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謙信さんのいた頃:

« 私は見た | トップページ | 親 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ