« 万葉集 巻二ー156、157、158 | トップページ | 私は見た »

ぽつりと思い出し

9月17日
交通事故で 若い子が4人亡くなったというニュースを長女から聞いて
は~、と 
自分の昔の事を思い出しました。
当時就職して1年目。
夫は 同期入社の人間で 近くの大学出身でした。
で 冬だったかな。。
夫の出身大学に在学中の 同じ寮の後輩が
交通事故で 本庄市で亡くなったのです
もう23年になるんだ~。。
とてもかわいそうでした。
確か まだ大学3年か4年だったかな。
Z に乗ってました。
濃い紫色だったので 近所でも有名だったです。
私が 何か職場の飲み会で飲んでいたら
私の先輩だけど 3つ下のちょっとやんちゃ系社員が
さっきさ 本庄で 紫のゼット 事故起こして
運転してた子 死んじゃったって。
紫のゼット 見たことある?大学生なんだよね。
と 教えてくれました。
まじですか?
その子って ○○(うちのだんな)の大学の仲良しの後輩ですよ!
えー、ほんと?
と みんなでびっくりしました。
その飲み会には うちのだんなは出席してなかったでした。
当時 まだつきあってなかった気がする~。
大学を出て入社してすぐは 社員は
研修のため 3カ月間 
1カ月周期で 食品や、衣料ショップなどを転々とします。
私とだんなは たまたま 最初の1カ月は
婦人衣料部門に 配属になりました。
で ある日 
ご婦人が多いお店なのに
5,6人の 若い大学生みたいなおにいちゃんたちが がやがやと来たのです。
なんか にこにこして からかう感じだったので
夫の後輩かと思ったら 見事にそうでした。
冷やかし半分で 夫の仕事を見にきたのでした。
どの子も 可愛いイケメン君ばかりで。。
ひときわ目をひいたのが
一番背が高くひょろっとした 可愛い顔をした男の子でした。
だんなを見て すっごく嬉しそうに
にこって笑ってたのが 印象的でした。
だんな(当時は赤の他人。今もだけど)は
あいつ ゼットに乗ってるんだー。
と教えてくれました。
意外でした。。軽い不思議感を覚えました。
当時 ゼットに乗ってる男の子といえば
ちょっと お金持ちのおぼっちゃん気で
なおかつ遊び人風。女の子には目がない、
いかにも派手なゼットにぴったりーみたいな
明るい感じの子が多かったのです。。
だけど その子は
なんというか ひょう~っとした
大人しそうな、あまり車に興味があるようでもなし、
かといって 女の子にも興味がなさそうな
まあ 早く言えば おだやかで
あまり まわりに関心がないような
ぼーっとした感じだったのですね。
だんなが言うには
車に乗ると 人が変わる
とかで。。
へー。あんなに大人しそうなのに。。
と 私は その時のその子のことは
今でも はっきり覚えています。
なんだか 人って あっけなく亡くなってしまうんだなーって
思いました。
茨城の男の子だったので
飛んできたご両親が とても気の毒だったと
だんなが お通夜に行った後 言ってました。
本庄駅に 友達を迎えに行って
自分の寮に帰る途中 ちょっとした曲がり角で
角のブロック塀に つっこんでしまったらしかったでした。
シートベルトをしてたら 助かったかも知れません。
ぶつかったショックで 車の外に投げ出されて
変なところに突っ込んではさまれてしまったようです。。
レスキューを呼ぶとかの大騒ぎになったみたいです。。
スピードの出しすぎなのかな。。
でも スピードを出すようなタイプには
全然見えませんでした。。
あと5分で家に着いたのにね。。
夫は冷たいんだか、つらいから忘れたいんだか、
1度もお墓参りに行ってません。
結婚した頃 
お墓参りに行こうよ~
と 何度も誘いましたが とうとう行きませんでした。
なんつーか、お墓参りって 面倒くさいとか
わざわざ行かなくても。。心の中でたまに思い出せばいいじゃん
っていう気持ちらしいです。。
でも 当時の仲間からも忘れられたとしたら
とてもお気の毒な気がします。
思い出したのを幸い、
茨城在住の 夫の大学の友達(妻同士が年賀状をやりとりしている現在)に聞いて
いつか お墓参りに行きたいと思いました。
というか 私は 本庄に帰省して 事故現場を車で通るたびに
あ。。
ここだよ。
あの子の事故ったところ。。
と いつも不思議と思い出してしまうのです。。
忘れていても絶対 思い出されるっていうか。。
宇都宮にいると 忘れているのですが、
本庄に帰って事故現場を通ると 必ず思い出します。。
だから すっごく気になるのです。。
今年か来年は 行動を起こそうっと。。

« 万葉集 巻二ー156、157、158 | トップページ | 私は見た »

本庄市 ご先祖様 新田義貞公」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぽつりと思い出し:

« 万葉集 巻二ー156、157、158 | トップページ | 私は見た »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ