« ファン | トップページ | あの時どうすれば!? »

人間の絆 江原啓之氏 と 私の愚痴

7月20日
またまた 辛口の本です
江原氏の 
人間の絆 ソウルメイトをさがして
(小学館 2007年6月24日 初版 第一刷発行)
ソウルメイトというのは 
自分にとって 白馬の王子様ではない(p.68)
ということや 
自分の人生に影響を与えた人はみなソウルメイト
など くわしく霊的なことが書いてあります
で 私の目が釘付けになったのが
結婚生活は大変な修行(p.106)
結婚相手は狭義のソウルメイト(たとえ離婚に終わっても)
「ああいやだ。 結婚なんてしなければよかった」と頭では思っていても、
たましいは喜んで修行に取り組んでいるのです。(p.109)
やっぱりそうなんだ。。。
他にもたくさん 人生において考えさせられることが
たくさん書いてあります
けっこうきついことも書いてあるので
江原さん=優しい人 と思って読むと
ショックを受けるかもです
私はこの辛口が大好きです
この本には シングルでもまったく問題ないと書いてあります
過去世でたくさん結婚・子育てを経験したたましいは霊格が高く
今生のカリキュラムでは 結婚が含まれてない場合があるのです。(p.117)
と あります。
私の場合は 結婚という修行をしなさい、という
魂の宿命だったのでしょう。
過去世でも やったことがなかった気がします
ほんとに 初めてだ~って思いました。
きっと 過去世では 自由きままに恋愛したり 生活していた気がします。。
私の夫は 多分 神経症者です
この世で一番正しいのは自分。
自分はいつも被害者。
自分ほどの良い人間はこの世にはいない。
まわりの人間がおかしいから自分がいつも苦労している。
と 
まとめると そういう考えの持ち主です。
いつも 何かに対して怒りを 抱えてます
(警察、社会、政治、役所など公的機関と 家族に対してが多い)
つきあってる頃も 少しおかしいとは思ってました
でも 20代の若者ですから
年をとれば治ると 思ってました
ところが 年がたつにつれ ますます
被害者意識がひどくなってきました"^_^"
私は10年間 夫のいうコトに ハイ、ハイと言って
夫に仕えて 夫が喜ぶように生活してきました。
(ある宗教のいうことを実践してみました)
結果:
世界で一番偉いのは俺
俺のいうことに みな 従わなければいけない
と 
夫が 逆に 余計に思い込むようになってしまったので (ToT)
これは危険だ、と思って やめました 
おっと 夫への愚痴は危険だ
とまらないぞ~♪ ^_^;
そうなのですね~
やはり 結婚生活は修行なんだ~。
私は いつか お寺さんに出家したいなあって
思っていたのですが
出家しなくても 今充分 修行してるのですね~。
今 私が結婚について 思う事があります
結婚って いっしょにいてくつろぐ相手ではなくて
尊敬できる相手とするものだよなあ~
これは 私の場合ですが。
あ でも 尊敬できる相手と結婚しても
結婚してる間に 相手を尊敬できなくなったらどうすんだろう。。
うーん。。。
ある日の 長女(高2)と次女(中1)の 悲しい会話
(かれこれ 2年前ですな~)
次女 ねえねえ、まま~。ままとぱぱは らぶらぶ?
長女 ばかか、おまえ。
    見てればわかるだろ。
    完全にさめきってるだろが!
次女 あっ、そっか。。
    そだね。。。
私  。。。。
   苦笑
   (それが高2の台詞かー??!次女も納得するなーー!)
 
ほんとに子どもって 面白いです~。
あと もうひとつの私の人生における目的は
愛する ということみたいです
この江原さんの本には
人生の目的は「人とかかわる」こと(p.16)
とあります
私も 
この世では 女性として人とかかわって 
人を愛する練習をしてるんだろうなあと思います。。
愛するって 簡単なように見えて
けっこう努力を要するものだと 44年の人生の中で実感してます
あー
でも 
やっぱり 
ソウルメイトは ガクトさんがいいなあ。。。勝手に。。。
白馬の王子様~

« ファン | トップページ | あの時どうすれば!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間の絆 江原啓之氏 と 私の愚痴:

« ファン | トップページ | あの時どうすれば!? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ