奈良 鏡女王 古墳 

2009年5月 奈良県桜井市忍坂にある 鏡女王の古墳を訪れました。

萌魂は千里を走る


HONKOWAの闇険で 玲子さんの霊視を読んで

なんて素敵な方なんだろう~!鏡女王!

と 思いっきり感動して

いつか1人で行ってみたい!!

という願いが実現した一人旅でした。

この頃 私は 

天武天皇と額田王の娘である十市皇女に魅かれていました。

色々ネットで調べたところ

彼女の古墳は

近くの古墳公園に移築された積石型の六角形または八角形の古墳だ!

と言う事に決めまして(勝手に)

この旅で ぜひ訪れよう! 

と 目的地に定めていたのでした。

 

萌魂は千里を走る 忍坂八号墳

で 考えまして

十市皇女の伯母である鏡女王にご挨拶してから

十市皇女のお墓参りをするのが

順番的に正しいだろうという事で

桜井駅から忍坂へ タクシーで直行しました。

最初 額田王の伝承のある石位寺を訪問して

次は 徒歩移動で 鏡女王の古墳

そして さらに徒歩で 忍坂古墳公園の十市皇女の古墳

へと行かせて頂きました。

うわ~~ やばい~~~

7年前の旅行なのに まるで昨日の事のように思い出せる~~dog


鏡女王の古墳は 玲子さんの霊視の通り

とても気持ちの安らぐ ステキな雰囲気の古墳でした。


私はそこで まったりとした心地よい時間を過ごさせて頂きました。

そして おいとまする時に

「これから (私が勝手に決めた)十市皇女のお墓参りに行ってきます。」

と 心の中でご挨拶させて頂きました。

目には見えないけど

きれいな髪を垂らした女性が

古墳をバックに 門の前に立っていたように感じられました。

私の挨拶に対して

「よろしくお願いします」

と 深々とお辞儀を返して下さった気がしました。

Photo

目鼻立ちは視えない方で

色鮮やかな古代風のお着物を着てらっしゃいました。

もうひと方

やはり 目鼻立ちは視えない方で

髪型が違う方もいた感じがします。

2

立ってるのは お一人なのですが

髪型の違うお二人が 代わりばんこに頭に浮かぶというか。。。

なんで お顔が視えないんだろう~ 残念~

でも すごい美人っぽい~~

私の気のせいかもだけど ご挨拶して下さって嬉しいなあ~。

そうして テクテク 古墳公園へ歩いていきまして

(私が勝手に十市皇女の古墳と決めた)八号墳の前に立ちました

5月の暑い時期でしたので 草がたくさん生えていました

(・・・それにしても 尋常じゃないほど 生えてた・・・。)


草の合間にところどころ 

1本立って咲いている赤いアザミの花が印象的でした


移築された石室の前に立っていると 

なんだか ものすごく悲しみがこみあげてきました。

「悲しい 悲しい」と 思わず泣きたくなってしまうような雰囲気を持つ石室でした。



移築された とわかっているのですが

まるで そこで発掘されたかのような雰囲気が漂ってました



玲子さんが 十市皇女を霊視して 

「時間が止まってる」というような事をおっしゃってましたが

この古墳の石室の周囲は そういう空気に満ちていました

無常感というか 引きこもってるというか 諦めというか

自分を一切主張しない というか。。。



お隣のもう一つの六角形または八角形の古墳は 

私は勝手にですが

十市皇女と同じ頃

恐らく自ら命を絶ったであろう氷上夫人ではないか と思っています。



他にも2基移築された古墳の石室がありますが 

それらはとても堂々としていて 


あ~ これは誰かの古墳だなあ~。今も生き生きと呪術が働いてる感じする~



 

と 想われたのに対して(表現は変ですが)



この二つの六角形 または八角形の古墳は 

ひっそりとしてるというか 悲しいというか

重く沈んでるというか。。。




玲子さんの言う「時間が止まってる」感が しみじみありました。。



私が 石室の前で佇んでいたら

雨がぽつぽつ降ってきて

ますます悲しい雰囲気が増してきました。




お別れして 大和朝倉駅へ 歩いて行きました。




今 久しぶりに しみじみ あの時の事を思い出しましたが

やっぱり あの石室は 十市皇女の古墳のものだと思います。




そして 鏡女王の古墳で視た

顔のないきれいなお姉さんですが

ヒントになるような事が 

この間発行されたHONKOWA関係の本に書いてありました




霊能者 視っちゃんさんが

鏡女王は 高貴な方なので ご本人は出てこなくて 代わりの方が出てきます~



みたいな事をおっしゃっていたので


なるほど!cat



と 思いました!




私が視えた気がした美女たちは お付の侍女様だったんだ~~

と 勝手に思いました♪





栃木県上三川町 甲神社

お風呂に入っている時 ぼう~っと 甲神社の事を考えていました

日本武尊の東征の時 もてなしてくれた村人達に

尊は お礼として自分の甲をプレゼントしたのでした

それから数百年後 

盗賊が村を襲うので 困っていた村人達に 

宇都宮の某神社の神官に御神託が降りました

かつて 日本武尊がプレゼントした甲を見つけて 祀りなおしなさい

という事でした



それを祀ったのが 今の甲神社だそうです。

そういう伝承が残っているんだもん

日本武尊は 絶対 東征の時 栃木を通ったよ~!

等々 その他もろもろ 

湯船につかりながら ぼうっーと考えていた私の頭の中に 

突然 簡単な絵が ほわん~~  と浮かんだのでした

みづらを結った古代の人っぽい 黒目で口がない白黒の絵です

2_4


 次にまた 絵が浮かびました


Photo


この2コマは一体なんなんだろう・・・と 思いました。

普通に考えて 

日本武尊が 甲神社に甲を埋めてポンポンしてるって事?



それにしても もっとリアルでカラーの画像が頭に浮かべばいいのに。。。

と思いました。。


忘れられない絵なので 忠実に再現しようと頑張りました






紀皇女

以前 天武天皇の皇女である紀皇女の一生を推測させて頂いて

萌魂は不思議な千里を走る 

ブログに書きました。

資料が残されてない方なので 

自分なりに精いっぱい一生懸命 万葉集から推理させて頂きました。

その晩 お風呂に入って 洗髪していたら

頭の中に 突然 ふわっと画像が浮かびました

 

2_3






 

古代の高貴な女性が着るような服というか着物というか

きれいな色の袖が視えて

そこから きれいな白い左手がのぞいていました。

全体的に 淡いパステル調で ほわっと もやがかかったような

美しい画像でした。

そして さらに 今度は

「ありがとう…」

と 頭の中に声というか ひらがなというか

降りてきたというか 響いたというか

音になってないけど そう受け取れた というか。。。

聞こえた気がしました。。。






      

Cocolog_oekaki_2016_02_02_18_00

勝手にですが

謎に満ちた紀皇女の人生を一生懸命推理したゲゲに

お礼を言って下さったのかな。。

と 思ってます。

幼い頃 恐怖だったモノ

3月18日
昭和40年代の記憶が生々しい 昭和37年生まれのゲゲです
それらの記憶の中に とても恐怖だったモノがあります。。
ぼぼぼぼぼ です。。。
それはある日突然 道の彼方から来るんです。。
にこにこした大人たちと一緒に。。。
その時は スコスコスココンと 弱々しい音をたてながら くるのですが。。
うぎゃー!
あれは トラウマだー!!
まず 朝から 母が 
今日は 消毒の日だからね~
と 私達子どもに言います
だから きれいにお部屋片付けなさい
まあ そんなに富裕層ではなかったので 部屋は物が少なくてきれいでしたが。。
とりあえず 机の上とか きれいに片付けたものです
で 母に
来るカラ!!時間だから 外に出なさい!
と 緊張した様子で言われます
そして 母は 戸締りをして 開いてる窓とか 全部しめます
トイレのドアとか 襖とかは 開けっ放しにします
用意が済むと 母も外にでてきます
他の家の近所の御宅のおじさん おばさん 子ども達も
外に出てきます
そして スコスコスコの音がして。。
道の端から 大砲のような形のあいつが 
大人たちに引かれて?押されて やってきます
白くて 筒があって ほんとに大砲のようでしたね
戊辰戦争で使ったような。。
知らないおじさんも います
その大砲の業者さんでしょうか。。
次はどこんちだー
渡辺さんちだよー
母が ここからお願いします
と言うと 知らないおじさんが 大砲の筒を 
少し開けた6帖の掃き出し窓から入れます
そして スイッチを入れると。。。
ぼぼぼぼぼぼb-っ
と すごい音と共に 白い煙が
ぶわーーーっと 部屋中に入っていきます
部屋の中がたちまち 真っ白になって
家の中は 煙だらけ
家具も何もかも 見えなくなります
うわー
怖いよーー!!
私の心の叫びです。。
誰もいない 無人の家の中を たちまち埋め尽くす
恐怖の煙。。毒ガス。。。
う。。。
あれを浴びたら きっと 死んでしまうんだ。。。
顔面蒼白になって 私は 窓の外から
煙に侵されていく 室内を 息を呑んで見つめていました。。
弟や 近所の男の子たちは
うひょ~ すげー~
と 大喜びでしたが。。。
そして 家中が真っ白になると
ぼぼぼぼbの 機械は
スコスコスコスコ という 音に変わり
今度は違う家を目指して また 去っていくのです。。。
毎回 毎回 私は 恐怖を味わいました
ほんとに 怖かったです。。
あれが来るからっていう 片付けとか
母が窓を全部閉めるのとか
あれが 道の向こうに見えた瞬間とか
家の中に 白い煙が入って うようよ 広がっていく様子とか。。
自分の家の中が 真っ白になってしまう恐怖とか。。
ほんとに 怖い。。。
こっちの義父に聞いたら
あ~ 消毒だね。。
回覧板でこの日ですよ~ 申し込む人ーって 地域で 一括して頼んで
その日に 近所中の家 やってたんだろ~
と 教えてくれました。。
そうだったんだ。。。
昔は 汲み取りトイレでしたからね~。。
子どもが小さい頃 1度 バルサンを やりましたが
あれも 怖くて それ以来 二度とやってません
家の中に 白い煙がたちこめて 家具が見えなくなるっていうのが
ものすごい 恐怖なんです。。
その間 家の外に出ていないとだめって いうのも ほんとに怖くて。。
前世 ガスかなんかで 死んだのでしょうか 私。。
あの音も怖かった~。。。

早いものです~。。

3月9日

ご無沙汰しておりました m(__)m
行事が重なって ばたばたしてました
5日が 武道館で 
6日が 昼間仕事。。 真夜中に 宇都宮駅まで旅行帰りの長女をお迎え
7日 午前 次女の中学の卒業式 午後仕事 夜は卒業祝賀会。
8日 午前 地域の会 で 討論会 午後 疲れて爆睡。。  
久しぶりに 出ずっぱりになって 少々疲れてしまいました
行事の合間に 仕事と子どもの用事をこなしてー みたいな感じでした。。
でも これで 2人の子どもの義務教育が終わりってことで。。。
なんか 嬉しい反面 寂しいような複雑な気持ちでした。。
けっこう うちの子みたいに 4歳はなれた兄弟を持つお母さんが多いので
その人たちと 
終わっちゃったね~、あっという間だったね~
と しみじみ思い出を 語り合いました~。。
子育て中は 
早く義務教育終えて 楽をしたいわ~ 
なんて 思ったものですが
いざ 終わると 気が抜けるもんですね~。。
小・中のPTAに12年間在籍して 9年役員やって
やっと終わった~ という感じです
やってるときは長過ぎる!と 思いましたが
終わると 短かったな。。なんて 感じました。。現金なもんです。。
PTA活動は ほんとに信頼できる仲間を見つけられるから 良いなと 思います
私の在籍してた 小・中学校は 素晴らしいお母さんやお父さんが いてくれて
ありがたかったです。。
どんなに困難な中でも 我慢強く 仕事と両立しながらやりぬく素敵なお母さんたちと
沢山 知り合いになれました
早く言えば 人間性が出るのが PTAだと 思います
口ばっかりで やりもしないで えらそうなことばかり言う人。。
12年の間には 結構いましたから。。^_^;
引っ掻き回されたことも あって 。。うん。。今となっては 良い思い出です。。 
仕事ができる人って どんなに昼間の仕事と家庭が忙しくても PTAをやれるんですよね
で いつも朗らかで明るくて優しくて 周囲に気を配って。。 
こういう人たちが働く会社には お仕事を頼みたいな~って
ほんとに思います。。
次女は 涙、涙で 卒業しました
このクラスから 卒業したくないと言って
早くも 20歳の成人式を 楽しみにしてます。。
卒業式の夜は やはりお母さんが卒業祝賀会に出席するお友達が
遊びに来てくれて
互いに メールをしながら。。部屋でまったり過ごしたようです。。
いや。。面白いっすよ。。
次女を入れて 3人 部屋にいたわけですが
おのおの 自分の携帯を持って ごろごろ。。
で 各自の携帯から クラスの友人たちに
デコメールやら 有難うメールを送って 
返事がきて また返信して。。という。。
そういう時間の過ごし方してたみたいです。。"^_^"
で 時折 
今 誰とメールしてんの~?
○○~
じゃ さ ○○に いつ暇か聞いてくんない?
なんて 3人で 会話?。。してたみたいです。。
4人位と 同時にメールのやりとりするみたいで
今の子って。。携帯を駆使して すごいっすね。。
と 文通世代の 母は 思いました。。
3人で 今日の思い出をまったり語り合うって いうのでは ないみたいです。。^_^;
私の出席した祝賀会では 
2年生・3年生の担任の先生や 校長先生から
次女のリーダー性とか 良い所をほめてもらって
ほんとに感謝でした。。
元気が良すぎる子ですが。。
良い点を 評価していただけて 嬉しい限りです
子ども達の行事のスライド上映で
次女が 合唱コンクールで 指揮をしてた写真が出たとき
ゲゲ次女ちゃんだ
と 会場にいたお母さんたちが 拍手してくれたのも嬉しかったです
ありがとうございました (照)
男子にかなり もっと声を出せ!!と キレてたみたいで。。
すみません。。。m(__)m 男子のお母さん方。。
不登校だった 子どもたちも
これからがんばって 歩んでいって欲しいなーと 思います。。
まだまだ人生始まったばかりだし。。長いし。。これからだよね。。
長女の吹奏のとき 一緒だったお母さんがいて
ゲゲさん お姉ちゃん元気?
と聞かれましたので
うん 元気。
独身でね 大学行ってる。まだ 子どもいないんだー
と答えたら ウケてました
あら うちも 独身よ~ (笑)
実は 長女の友達たち 何人も 結婚が早くて
19才で もう二人目の母になってる子もいて。。
いや。。めでたい限りっす!!(^^♪ 
少子化の日本に 子どもは宝です!
二次会が12時に終了して。。
さあ これから 3次会 シダックスね!
と言ってるのを聞いたので 逃げてきました。。
にゃはは。。もう体がもちません~。。
後から聞いたら お開きは 3時だったそうです。。
ふう~ みんな 若いな~~。。
私の今の この疲れは5日の東京疲れだと 思います。遅くに出てくるのが参ってしまいます。。あはは。。。
写真は 5日に行った靖国神社です
夫の父の兄が 若くして 戦争で亡くなってるのを 思い出しました。。
PDRM1184PDRM1188PDRM1189PDRM1187

«江原啓之スピリチュアル・ヴォイス

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ